法律相談の際の注意点について。

公開日: 相談日:2021年06月10日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
弁護士事務所に法律相談を行うと、揉めている相手方の名前を聞かれると思います。
もしも、担当弁護士さんが相手方とプライベートで親交があった場合、相談内容を秘密裏にバラされること。相手方も承知のことならともかく、仮に相談の時点では、相談者が犯人不明の加害者であった場合などに、被害者である相手方(弁護士さんからみたら友人等)に真犯人を告げるような行為はしないのでしょうか?
守秘義務といっても、どこの誰が言ったか分からなければ、守られないこともあるのでしょうか?

【質問1】
法律相談における注意点について、背景に記載したことが知りたいです。

1034527さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県3位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 守秘義務といっても、どこの誰が言ったか分からなければ、守られないこともあるのでしょうか

    :そんなことはありません。無いですし、仮にあったとしてそれをウェブに書く弁護士など居るわけありません。

この投稿は、2021年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す