墓地の場所変更について

20年前に墓地使用権を購入しました。未だ未使用です。

購入当時は見晴らしの良い場所でしたので、購入しました。
5~6年前に、小生の墓地区画の前に掃除用の仮小屋
が設置されました。見晴らしが全くブラインドになってしまいました。
購入時の規則には、本件の規定はなにもありませんが
下記の項目について要求は可能でしょうか?
1、場所替えの要求
2、仮小屋の撤去の要求
3、無条件の返還
宜しくお願いいたします。


相談者(599751)からの相談
2017年10月30日 11時31分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都7
ありがとう
> 下記の項目について要求は可能でしょうか?
> 1、場所替えの要求
> 2、仮小屋の撤去の要求
> 3、無条件の返還

見晴らしを確保するとの合意が予めされているとか、仮小屋の設置が、あなたの墓地の見晴らしを、敢えて阻害するためにされた等の事情がないと、上の要求は、法的には難しいのではないか、と思います。
ただ、事実上請求することは、構いませんので、請求してみればいいと思います。

2017年11月13日 07時56分

この投稿は、2017年10月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地売買取引でのトラブルについて

    半年前に市街化調整区域の既存宅地を一筆購入しました。空き家も残っていたので土地購入費とは別に仲介業者へ支払い、解体した後に土地を購入しました。この際、土地の売買契約書に署名しましたが、重要事項説明書自体はありませんでした。 3か月前、購入した既存宅地の土地の中に、もう一筆「田」が入ってあることが判明しました。...

  • 農地の登記簿謄本 間違いによるトラブルについて

    1950年頃に祖母が購入した農地があります。当時、広い農地を3世帯で分けて購入する事になり、実際の現場にて、この区画は誰、この区画は誰と話し会いをして決めていったようです。その決定に基づいて土地の売買が完了し、1950年から現在まで、各世帯が田んぼとして使用しております。およそ10年前、とある世帯の相続 の関係で、上記の...

  • 自主占有と取得時効について

    昨年土地を購入し現在住宅新築中です。 購入した土地には、以下のような過去の経緯がありました。 【過去の経緯】 ①借家建築、境界ブロック設置(時期不明) ②借家取壊、境界ブロックそのまま(時期不明) ③境界確認実施、境界ブロックそのまま(平成6年) ④土地購入、境界ブロックそのまま(平成24年) ⑤住宅建築、境界ブロッ...

  • 違法建築購入の対応

    不動産を購入しましたが、違法建築のように思います。移転登記も済んでいるのですが、買い戻しの請求ができますか? 2階建て130㎡事務所を先月購入して、すでに移転登記を済ませました。売買契約、登記簿には剣突物の種別として「事務所」と記載されています。20年前に建築され、もともとは簡単な加工業もやっており、工場兼事務所と...

  • 土地売買に関する重要事項説明内容の相違について

    先般、注文住宅の建築に伴い、不動産業者より土地を購入しました。 購入に伴い、重要説明事項の説明があり、内容確認の上、 押印をし、またローン決済を行い、登記移転手続きも完了致しました。 その後、建物の建築に伴い、ハウスメーカー(土地購入先とは別)と建築申請の事前確認を実施しました。 その際、上記で購入した土地が...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。