貸借契約の場合は農地法許可が必要ですか?

地目畑の農地、売買当時は農地法第5条の許可で、買主が仮登記した。その直後、第5条所有権移転許可届出を出さなかった、売主と買主が貸借関係を締結、その貸借契約は農地法第5条許可が必要ですか?
相談者(81499)からの相談
2011年09月29日 14時10分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
農地の場合、農地法所定の許可を得ていない売買契約も賃貸借契約も無効です。ただし、20年の占有で所有権等を時効取得をすることはあります。

2011年09月29日 15時45分

この投稿は、2011年09月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 宅地分譲用の土地の定期転借地権

    事業用定期借地権は公正証書が必要であると借地借家法23条に規定されています。不動産会社が個人の居宅建設分譲用に地主と定期転借地契約を締結する場合は公正証書にする必要はありますか。

  • 買主が死亡後に農地法の許可

    買主が死亡後に、農地法所定の許可があった場合、当該許可は無効となり、買主へ所有権移転できない。 先例3例ほど教えてください。

  • 登記簿上農地となっている土地の過去の売買について。

    1.平成11年に農地法の5条許可を条件とした登記簿上の地目が畑である土地の売買契約をし、農地法の許可を条件とする仮登記をしました。本登記をしようと最近調査しましたところ、複数ある売買物件のうちの二筆が農地法施行前から現況が道路であったため農地法の許可証が不要すなわち農地法の許可が出せない土地(以下当該物件)であ...

  • 土地売買契約後に売主が死亡した場合の対応について

    (背景) 現在、事業目的で土地を取得しようとしております。 当該土地の地目は農地であり、農業目的ではないため、農地法第5条の許可を要します。 土地売買契約締結後、土地代金の支払いと引き換えに、農地法第5条許可を停止条件とする所有権移転請求権の仮登記を行います。その後、農地法第5条許可に至ったら所有権移転登記手続...

  • 借地権付き建物無断譲渡について

    契約期間H47年までの借地権付き建物を旧借地人より購入しました。 しかし、今回、旧借地人は地主に無断で譲渡してしまった為、借地権契約解除となりました。 そこで、新たな新借地人である私を地主が承認しない場合、地主に対し建物買取請求権を行使は可能でしょうか?また可能な場合、更地価格の何%ぐらいの請求が可能でしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。