すでに家が建ってしまっている農地を買い取りたい

18年ほど前に注文住宅で建てた家が他人の土地にかかっていることが分かりました。
15坪ほどかかっていたのですが、それだけの買い取りだと残った土地の形が悪くなるため、50坪買い取ってほしいとののことです。その土地が農地になるのですが相手は宅地に変更してから売りたいとのこと。
金額が変わってきますので、農地のままの価格で購入はできないのでしょうか?
そして家を建てる時に土地の測定もしているはずなので、こうなってしまった責任が工務店にもないのか?という疑問も残ります。
相手方の土地は農地でかつ公道に面しておりません。宅地に変更しても他に買い手がつくことは難しかと思われるのですが、希望売り価格が宅地並みの金額で困惑しております。
2016年04月28日 08時32分

みんなの回答

峰岸 泉
峰岸 泉 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
この売買は,あくまで,合意で金額が決まるものです。
交渉の際には,宅地として買い受ける以上,農地と同じ価格というのは,なかなか通用しない考えかもしれません。公道に面していないということであれば,それを割り引いた形で,評価をしてみるというのも,理屈上は間違いではないと思います。
ところで,18年前に家を建てられたということですが,越境部分して占有している部分について,時効取得の要件を具備している可能性もあります(土地の一部であっても時効取得は可能です)。もし,事項取得が認められる可能性があるなら,これを価格交渉の取引材料とすることもできるでしょう。

2016年04月28日 11時49分

相談者
回答ありがとうございます。時効取得は20年以上と思っていたのですが、20年未満でも可能性があるのでしょうか?
引き続きよろしくお願いいたします。

2016年04月28日 18時43分

峰岸 泉
峰岸 泉 弁護士
ありがとう
占有開始時に善意無過失であれば,10年で時効は完成します。

2016年04月29日 10時58分

この投稿は、2016年04月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,700名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 軒の越境 時効取得について

    軒の越境についてお伺いします。 我が家の物置は、母屋から私道を挟んだ前にあって、1/4ほど入口に斜めに青地が入った平屋の家のような大きさのものです。現在となりが業者が建売のため工事をしております。 もともとここの土地一帯は、60年以上前から借地で、平成5年に地主が相続税を払えなかったみたいで、ある不動産屋に売り、各...

  • 土地と建物の所有者の違いによる問題

    先日、祖父の家と土地が競売にかけられ不動産屋に落札されました。その土地には倉庫があり、この倉庫は競売の対象にはなっていないのです。詳しい税金の名前はわかりませんが、母いわく、その倉庫はやや立派であるため住居扱いの税金になっているとのこと…。母が税金から計算した倉庫の金額は150万とのことでした。この倉庫が今回の問題...

  • 自分所有の家の土地が競売にかかり、落札できませんでした。どうなるのでしょうか?

    初めてのご相談です。何卒宜しくお願い致します。 私が所有している家が立っている土地が競売にかかり、落札に負けてしまい別の方(法人)のものとなってしまいました。 元の土地所有者とは、家を立てるのに私の親が金銭売買で名義変更(私の親)の所有権移転登記をしてありましたが、元の土地所有者が自己破産し、競売の対象となりました...

  • 固定資産税の間違いと、市役所の対応

    家を建てて29年、家と地続きの田を相続して21年。相続した土地にはずっと宅地課税がされていて、母は「地続きなのでこういうものだと思い、高い宅地税を払い続けてきた」そうです。 去年の10月に借金問題に巻き込まれ、家の敷地を含む土地を売ろうとしたことがきっかけで、宅地課税は間違いで本来なら農地課税でよかったことが分かりま...

  • 借地権と立ち退き料

    私は地主なんですが、市の道路拡張のために土地を売ってくれと役所より言われています。家は別の人が持ち主で毎月借地料をいただいています。立ち退きに際し、市が勝手に土地の売買料の半分を地主、残りの半分を家主にと決めています。地主としては別に売りたくもなく、なぜ半々なのかがわかりません。地主が7割くらいになることはある...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。