農地法違反の脱法行為

農地法第5条仮登記、知事許可がない場合、農地を時効取得、この時効取得手段は農地法違反の脱法行為、判例を教えてください。
相談者(23954)からの相談
2010年09月20日 01時11分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
農地又は採草放牧地の転用のための権利移動の制限の条文が5条ですが、何の仮登記をして。だれが時効取得するケースのことをおっしゃっているのかわかりません。具体的に質問されないと答えられないと思います。

2010年09月20日 20時26分

この投稿は、2010年09月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 農地を時効取得の脱法行為

    知事許可がない場合、農地を時効取得、この時効取得手段は農地法違反の脱法行為、判例を教えてください。

  • 時効取得のは農地法の脱法行為

    知事許可がない場合、農地を時効取得、この時効取得手段は農地法違反の脱法行為、理論と判例を教えてください。

  • 農地の個人間売買について

    農地の個人間売買について、下記のような取引は違法行為でしょうか? A農家(売主)→Bサラリーマン(買主) ①Aはお金が必要なため、Bに自己所有の農地を売った。Bは農家ではないが、農地がほしいので、売買 契約をして、BはAに代金全額をしはらった。 ②Bは、20年の取得時効を裁判所に提起する。 ③Aは裁判所から呼ばれる...

  • 地方自治法の「前項の規定に違反して行つた地方公共団体の行為は、これを無効とする。」について

    地方自治法第2条第17項には、「前項の規定に違反して行つた地方公共団体の行為は、これを無効とする。」という規定がありますが、実際にこの規定に基づいて地方公共団体の行為が無効になったような例はありますか? また、当該条文を読む限り、市町村及び特別区は、当該市町村や特別区の条例であれば違反して事務を処理したとしても許...

  • 照応の原則(土地改良法53条)の判例について

    換地処分について 土地改良事業での換地処分取消訴訟は、照応の原則(法53条)が争点となると思いますが、判例がありましたら教えてください。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。