違法建築に関わる損害賠償 慰謝料について

公開日: 相談日:2020年12月11日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

建築申請が必要な地域にも関わらず、建築申請を出さずに建築物を建てていた事がわかり、基礎部分に欠陥があり安全性が保障できない事も判明しました、施工会社へ対応を求めていますが、連絡がありません。最後に連絡した時には、きちんと対応すると言われました。もちろん録音しています。施工会社が絶対大丈夫と言ったのも録音しています。対応してもらえない場合、その録音を証拠として、是正工事費用、危険なのに問題ないと言って危険な場所を使用させていたことに対する慰謝料を請求する事は可能でしょうか?

979298さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位

    梅村 正和 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    物やお金に関する紛争は、原則、物やお金に関する損害賠償請求などができますが、物やお金が回復されれば精神的損害は無いとして慰謝料は認めないのが日本の裁判所です。
    本件の詳細な事情は分かりませんが、危険で居住できない場所に建てたのであれば、そのような建物を建てたことについて故意・過失がある本件のような場合、居住するという目的を果たせないので、契約解除して、支払った代金全ての返還(支払った時から返還するまでの利息(契約で決めてなければ、現在の法定利率は、年利3%です)を付けて)を要求できますし、この請負契約のために無駄になった費用(建物登記費用その他全ての費用)や、このために余分に払うことになる費用(建物を解体する費用など)も全部、損害として賠償請求できます。
    ただ、居住できないような危険性はないという場合は、居住するという目的は果たすことができるので、契約の目的を果たせないという理由で解除することは難しくなります。なので、裁判沙汰になった場合には、居住できないほどの危険性があるかどうかについて双方で争うということになります。
    ただし、事実上の危険性がないような場合でも、法律で規制されている地域なので、行政から建物の撤去などを求められるようなときは、やはり、居住できないということになるので、契約解除可能です。
    行政から撤去までは求めないが、安全な位置に移動するようね行政命令された場合は、居住できないということではないので、契約解除まではできないが、建物を移動させる費用など、無駄な費用や余分な費用(建物移動工事の間、別の宿泊施設に宿泊するための宿泊代など)が損害となるので、損害賠償請求できることになります。

  • 相談者 979298さん

    タッチして回答を見る

    早速のご回答ありがとうございます。建築物とは住宅ではなく鉄骨建屋になります。敷地いっぱいに既存ガレージなどを覆う形で約50平米のものを建築しました。太陽光を上に乗せるため、下を使用できるように仕様は車庫にて
    契約したので、建築基準を満たしている建築物になっていなければいけないところ建築申請も出さず、契約書は仕様車庫なのにです。架台の下は他の目的で使用してはいけないと言われていたので、車庫で契約しました。業者は架台として造ってあると言ったら建築申請は必要ないと役所で言われたと言い、私が自分で確認しに行くと言うと。車庫と申請すれば違法建築物になりますよ。脅されました。架台の下は使用しない事を条件に建築申請不要となってるようですが、我が家の場合は下にガレージがありその下を通らないと玄関に行けない事から、仕様は車庫として契約したので、建築基準は満たしてない、基礎が欠陥と言うのは許せないです。
    数々の嘘の積み重ねによる慰謝料という形でも請求は難しいですか?

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位

    梅村 正和 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    慰謝料も損害賠償なので損害がなければ賠償請求のしようがありません。
    仮に、建築基準法などで問題がある建物であってとしても、行政から撤去、移動などの命令が全く発せられず、その可能性も無いのであれば、実際の使用に何の問題もなく、無駄な費用や余分な費用も一切かからないので、「損害」がありません。損害が全く無いのに「損害」賠償をしろというのは逆におかしな話ということになります。
    慰謝料請求するにしても、こういう実際上の損害があるから精神的ショックを受けたので慰謝料を請求するとなる必要があります。
    実際に慰謝料が認められるのは、ケガなど痛い思いをさせたことに対する慰謝とか、不貞行為など社会通念上、慰謝が必要と認められているような場合であり、たとえば、借金を返さない相手に対して、借金を返してもらえると思って貸したのに返さないとは精神的にショックを受けたとして慰謝料請求しても全く認めてもらえません。
    また、基礎の欠陥など施工不備がある部分について、修繕しろという修繕請求や、修繕費に相当するお金(これが損害です)を賠償として払えと当然に言えます。

  • 相談者 979298さん

    タッチして回答を見る

    ありがといございます。
    その事が原因で、精神不安定になり現在、不安障害と診断され、休職しております。診断書あり。ですが、直接怪我とかをしないと慰謝料はむずかしいのですね。収入が減った事、家事、育児ができなくなった面で出た出費も自分の精神力が弱いという事になるだけというのは悔しいですが・・・
    行政からはもちろん是正工事が必要である事は言われているのですが、まだ図面すら出来上がっておらず、いつまで安全性のないものをそのままにしておくのか毎日不安でしょうがないので相談させていただきました。

  • 相談者 979298さん

    タッチして回答を見る

    太陽光パネルを載せる家が長期優良住宅か確認せずに契約する(載せるのに問題がないか確認してない)事は、業者の過失になりますか?それとも、長期優良住宅に住んでいるのに知らなかったこちらに過失があるのでしょうか?

  • 相談者 979298さん

    タッチして回答を見る

    すみません。
    同じ業者にて自宅にも建築違反と行政より指摘された太陽光架台が取り付けられた為、自分の中で同じ案件として捉えておりました。

この投稿は、2020年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから