用途変更 特殊建築物

公開日: 相談日:2020年10月26日
  • 1弁護士
  • 1回答

建築物の用途変更についてご教授下さい
軒高8・3m 棟高11m
延べ床面積230平米の木造2階建て元写真館の建物を1階部分の96平米をゲストハウスとして
残りの2階部分の96平米をコワーキングスペース
同じく2階の38平米を貸事務所にするには
用途変更の確認申請は必要でしょうか?
法改正で200平米が合計なのか、それとも
用途を変更する場所の平米数のみで考えてよいのかわかりません

967148さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位

    梅村 正和 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    用途変更とか、修繕とか、リフォームとかの言葉で決まるのではなくて、
    実態が何なのかによって、決まることになるはずなので、
    具体的な工事内容の資料などを持って、自治体の建築課に確認すべきだと思われます。
    工事を頼む業者に確認してもらえば良いです(頼むかどうか未定であれば、見積りついでに建築確認が必要かどうかも、見積りとして業者にやってもらうことが考えられます)。
    地域によって条例が違ったり、法や条例が同じでも、具体的ケースにあたっての、役所の実際の対応が違う場合もあり得ます。

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから