建築確認申請書の偽装?こういった場合、どうなるのでしょうか?

公開日: 相談日:2013年11月20日
  • 1弁護士
  • 1回答

平成19年2月に建築が終わり、引き渡しをうけた家です。

一級建築士の方に家の調査をしてもらった所、地盤沈下で基礎がひび割れ家が北側に傾いてきている(3センチほど)ことを含め、複数の施行不良が見つかったのですが、それに加えて、

建築確認済み証に添付されていた軸組計算書が我が家のものと全く違う(名義はうちになっています。)ものだったこと
告示第1352号の計算書がついていないこと
設計図では隣の家との境界線から「有効幅1メートル」になっているのに90センチしかない所があること(法律で1メートル以上あけなければならない地区です)
がわかりました。

こういった場合、どうなるのでしょうか?
(建て直し?)

215371さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    完了検査は受けていますか?完了検査を受けていれば検査済証があるはずです。
    隣地境界から一部だけ1m未満のところがあるという程度であれば、建築基準法違反ではありますが、建て直し等は求められないのが通常です(建て替えするときに離隔距離を確保してくださいと言われるだけです)。
    軸組計算書は違う家のものがついていたかどうかではなく、あなたの家の計算書がどうなのか、仮に計算書がない場合は構造上問題があるかどうかです。もし構造上必要な部材が足りないとかいう話になれば、場合によっては建て替え(というか取り壊し)を命じられることもあり得ると思います。
    いずれにしても、施工業者や設計業者に対して責任を追及することになると思います。

  • 相談者 215371さん

    タッチして回答を見る

    検査済証はあります。

    我が家の軸組計算書があるのかどうか、構造上問題がないか、が重要なんですね。

    今のところ、建築業者は家の傾きや軸組計算書の話をしても、「また…」と言って下請け業者に家の傾きをはかりに来させただけでまともに取り合っていないという印象です。

    家の傾きは確実で、下請け業者も29~25ミリの傾きがあると言っていたので、その連絡はいってると思うのですが…

    こちらが建築士の方に依頼した調査書が出来次第、建築業者に連絡を取っていきたいと思います。

この投稿は、2013年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから