役所への建築確認申請について

崖の上に住んでいます。
崖の上部2/3が当方の土地で、下部分は下の方の土地です。

崖下の土地と、崖下部が整地され売りにだされるのに伴い、
工事会社の方と話し合い、当方の崖部分にもがけ崩れ防止の工事をしていただけることになりました。
その工事の内容だと建築確認は不要ということで、工事会社の方は建築確認はされていないそうです。

崖くずれが起きた時、工事会社の方の保証は法律で2年間ということですので、
それ以降の崖くずれなどは当方の責任となります。
なので、今回の工事時に、役所に建築確認をしてもらおうと思います。

これについて、何か問題点や、気をつけるべきことはあるでしょうか?
何卒よろしくお願い致します。
houritunituiteさん
2012年09月30日 15時54分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県5
ありがとう
貴殿が施工主とならないと建築確認申請はできないものと思料します。業者が確認申請することはできますが、強制はできません。
また、将来の土砂崩れは、工作物の所有者の責任ですが、建築確認がなされたからといって、不可抗力の証明となるわけではありません。

2012年09月30日 18時12分

houritunituite さん (質問者)
前回に引き続き、本当にどうもありがとうございます。

当方では確認申請をできず、工事会社の方に頼んで第三者確認が実現しても、
それが不可効力の主張に役立つとは限らない、ということなのですね。

すると、今の状況で当方ができる最善のことは何なのでしょうか。

がけ崩れが起きたら下の人にも迷惑がかかりますし、
当方にはそれを賠償できるほどの資産がないので、工事が始まる前、今できることがあれば、最善を尽くしたいのです。
工事強化や不可抗力証明に有効な手段があれば、
もちろん当方の実費でかまいませんので、行いたいと思っています。

現状は、工事中の下の土地と崖下部部分は、工事会社さんが持ち主で、売約先は大きな会社に決まっているようです。

2012年09月30日 19時49分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県5
ありがとう
建築士ないし構造士を入れて、どういう構造ないし構築物であれば、耐震性や豪雨に対する耐久性があるかの資料を用意してください。それを満足させる構築物を施工してもらってください。これは、通常の地震では、崩落しないという証明になり、不可抗力の証明の資料になります。

2012年09月30日 19時55分

houritunituite さん (質問者)
何をどこに相談したらわからない中、
ご親切に教えていただき、本当にありがとうございます。


明日、区役所に行って工事状況を詳しく話し、
今回のケースの場合、建築士さんと構造士さんのどちらに伺うのが良いか聞いてみます。

①工事の内容が、万一ガケくずれがおきても「不可抗力」と判断されるほどの安全な強度となるかを調べてもらう
②現状の工事予定内容と差異があれば、話合い・費用負担などで適正工事をしてもらうよう依頼する
③工事計画と実際の工事内容に差異がないかをチェックしてもらう
を行い、安全なガケにできるよう力を尽くしてみようと思います。

何度も大変あつかましいのですが、
この他に何か注意したほうが良い点がございましたら、ご教授いただけますでしょうか。

また、工事会社の方は「この工事は地山まで掘り下げて補強するので、「例え山崩れが起きても不可抗力と証明できる書類を作成するし、工事中の写真も添える」とおっしゃってくれています。
今回のような場合、構造士の方に工事内容の適性を依頼することは、問題ありませんでしょうか。
仕事ではいつも第三機関チェックが行われているので、今回の依頼を考えたのですが、
工事会社の方にとっては、不快に思われることなのでしょうか。

何卒よろしくお願いします。

2012年09月30日 21時27分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県5
ありがとう
具体的工事内容や図面なども拝見しないと明確にはお答えできません。
ここで、工作物の安全性の意見を求めることは無理があります。建築関係に詳しい弁護士や構造士の方のご意見が重要と思います。

事故があれば重大事ですし、業者にとっては責任を果たすために必要ですから、気になさることはありません。

2012年09月30日 21時50分

houritunituite さん (質問者)
どうもありがとうございました。
建築家の方のアドバイスを頂き、工事に問題のないこと、注意点などを詳しく伺えました。

道筋を示していただき、どうもありがとうございました。

2012年10月02日 22時12分

この投稿は、2012年09月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • ガケ補強工事の保証期間について

    崖の上に住んでいます。 崖の上部2/3が当方の土地で、下部分は下の方の土地です。 崖下の土地と、崖下部が整地され売りにだされるのに伴い、 工事会社の方と話し合い、当方の崖部分にもがけ崩れ防止の工事をしていただけることになりました。 工事内容に問題はなく、これから工事開始となるのですが、 このような工事の場合...

  • 土地時効取得と境界杭

    お世話になっております。45年前に両親が当時他の所有者の畑の一部を分筆し、家を建てました。両親も80歳をこえたため療養施設にて生活しているため、この度宅地建物の売却を行いました。仲介された不動産会社にて作成された契約書にt、公募売買ときていされています。また、契約締結前に売主は境界を明確にするという一文がはいており...

  • 隣家の境界線侵害と手続き

    前提情報として我が家と前隣家の話し合いで境界木がありましたが、次に越してきた隣家がそうと知らずに勝手に境界木を切ってしまい境界線が不鮮明になったので隣家へその件を意見したことがある事と私が結婚して他県へ引越しし現在他県在住である事。 その後、隣家からの要請で2年7ヶ月前に測量会社・隣家土地売買会社の担当者と土...

  • 境界点の確認をさせられたが、、どう考えても納得がいかないので、よろしくお願いします。

    土地の境界線の問題です。私の問題の土地は62年前に買い、現在所有者は実の母親です。その上に建っている家の所有者は私です。家の裏の土地を買った人(1.5年前)が新築するのでと挨拶に来て(業者と共に)、境界の確認をさせられたが、裏の土地と私の家の間にはブロック塀が私の記憶でも、45年以上前から土地の売り主が建てていて、当...

  • 隣地との境界について

    約10年前のことですが、事情があり当方所有の土地を2筆に分筆して一方を地元の不動産業者に売却しました。その際、2筆にまたがって建物が建っていましたので、その建物も2分割して売却するほうを取り壊して更地にしました。また、当方が居住するほうの建物は、分割面を補修して壁等を作り1個の建物にしました。 その際、補修の都...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。