公開日:

マンション購入後のトラブルについて

2019年08月30日
中古のリフォーム物件を購入しました  当初よりトイレが下水臭がしていたのですが 6か月たっても消えません。  また トイレの便器と床の設置面が黒く水漏れしているようになってきました。この場合は売主(リフォーム物件売買専用業者)に修復を請求できるのでしょうか?  一応売主には現状説明と証拠写真は送ってあります。また今回の流れを仲介業者(別な不動産)にも報告してあります。
相談者(840824)の相談

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
契約時に分かっていなかった欠陥や、契約時に予測していなかった欠陥であれば、修繕費用を損害賠償請求できます。
今の法律では修繕請求はできませんが、相手がそれに応じれば修繕してもらって構いません。
2020年4月1日から施行される改正民法では修繕請求もできるようなりますが、今、請求するのであれば法的には損害賠償請求だけになり、修繕請求はお願いということになります。
契約時に分かっていた欠陥であれば、それ込みの売買だったことになるので損害賠償請求とかはできません。

2019年08月31日 22時23分

相談者(840824)
ご丁寧な回答ありがとうございます

とりあえず販売会社と話をしていきたいと思います。

2019年09月03日 15時50分

この投稿は、2019年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • リフォーム現場のトイレ使用のトラブル

    ただいま飲食店舗をリフォーム中です あろうことか、一人できた作業員が手洗い器に用をたしていました(厨房側) 防犯カメラを設置していて、後ろ姿を映している状態ですが用を足しているとしか思えません 現場責任者に連絡し本人に問いただしてもらったが、本人はしていないと言います 防犯カメラの映像が証拠としてありますが、後ろ...

  • トイレの排水管の修理費用について

    築15年の分譲マンションに住んでいます。 トイレが詰まり、修理とリフォームを含め業者Aに依頼しました。 作業して頂き「手前(専有部分)の排水管の詰まりではなく、恐らくは奥の共用部分での詰まりだと思いますので、詰まり除去をしない事にはリフォームする意味も無いですし、便器を外しての作業になりますので、別途で負担がかかり...

  • リフォームトラブルについて

    リフォームトラブルについての相談です。 キッチンのリフォームを依頼したところ、水漏れを起こし床の張替え(これは無償)でしましたが 工期期日より1ヶ月遅延し、そもそもバリアフリーの物件でしたが、水漏れ部分のみ張替えをしたため、 見切り板をつけたため段差ができ、また床の材質も異なるため見栄えも悪いです。 そのほか、ト...

  • 中古物件、広告と異なる(営業の案内と異なる)仕様発覚

    中古物件を購入しました。 不動産が購入していた物件で、リフォームをした物件を購入しましたが、 購入前に案内された内容と異なる部分がありました。 広告には水回り、洗面化粧台の交換、トイレ交換など記載があり、綺麗でした。 ただし、入居して住んでみたら、洗面化粧台はリフォームされていない状況でした。 トイレも1階...

  • ハウスメーカーとリフォームの件で揉めています

    先日、トイレが水漏れしたので修理ではなくリフォームする事にし、業者に来てもらいました。 所が故障したトイレがハウスメーカーオリジナルの特殊な製品だった為、新しいトイレを取り付ける為には追加工事が必要と言われ保留してもらっています。 しかし購入時にオリジナル製品とは知らされておらず、取説も一般向けの物を渡されてい...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。