住宅ローンの名義人と家の名義人について。別々にすることは可能でしょうか?

公開日: 相談日:2021年09月14日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
現在、主人と私と子供5人で、私の両親の家に同居させて貰っています。
築年数が50年という事もあり、両親の老後や子供達の成長を考えて、リフォームをしたいと思っています。
現在私は主婦で近々仕事復帰をしますが、パートでローンは組めませんので、リフォームローンは主人の名義になるのですが、
両親から、家を私の名義にしないとリフォームはしたくないと言われてしまいました。

【質問1】
ローンの名義人と家の名義人は別々で、
現在は仕事をしていない主婦でも可能でしょうか?
よろしくお願い致します。

1064523さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府5位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ご両親からの申出に困惑されて,こちらにご相談されていると思いますので,簡単に回答しますが,基本的には,法律問題ではなく,各銀行の取り扱いの問題かと思います。

    つまり,法律上,ローンの名義人とローン対象物件の名義人が異なることに何の問題もなく,主婦の方に貸付することも可能です。

    ただ,銀行の実務として,住宅ローン(制度趣旨として,「国民の住宅取得を後押しする」という意味があります)は他のローンより金利を安くしている関係上,「住宅(基本的に自身が済む家)」に限定して対応しているというのが,実態です。

    一方,リフォームローンは住宅ローンより通常,金利が高く(それでも他のローンよりは安い),その分,住宅ローンより条件を緩めている銀行が多いです(またリフォーム資金を住宅ローン扱いで対応してくれる銀行もあります)。
    具体的には,銀行それぞれとなりますが,基本的に,自身が住む家の補修が対象でしょうが,銀行によっては,自身の住む家でなくとも対応してくれるところもあるかもしれません。

    ここでお気づきかもしれませんが,住宅ローンもリフォームローンも「自身が住む家」であれば,対象となり,「自身が所有する家」である必要はありません。

    ただ,住宅ローンは必ずでしょうが,リフォームローンでも,担保物件(基本的に融資対象物件)を抵当権につける必要があり,その点では,所有者の協力が不可欠であることは間違いありません。

    結論としては,債務者は収入のある夫,もし,所有が妻である場合は,妻からの担保提供や連帯保証が必要となる場合があるということでしょうか。

    最初に戻りますが,具体的には,銀行にご相談されるほうがよいと思います。

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す