注文、契約後のキャンセルについて

公開日: 相談日:2021年08月09日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
造園のリフォーム、メンテナンスの仕事を個人事業主として行なっております。
見積書や契約書を作成しお客様からご依頼を頂いた後に資材(植物、芝、レンガ、ブロック等)を購入し取引先とスケジュールを確保して工事を行います。お客様からご依頼後(契約後)クーリングオフ期間が過ぎてキャンセルをされると、とても困ります。(当社から仕入れ先は注文後キャンセル出来ない、一方的にキャンセルすると今後の取引は出来なくなる)

【質問1】
お客様に注文書や契約書に了承のサインを頂きクーリングオフ期間が過ぎた後キャンセルは出来ないとする契約は出来ますか?

【質問2】
それが出来ない場合損害金として工事金額の何%の請求が契約内容として妥当でしょうか?工事を予定していた日数、資材の購入費、キャンセル資材の処分費、工事準備手間賃等があります。

1053251さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。

    まず、クーリングオフは訪問販売など一定の取引にのみ適用されるものであり、ご相談のケースではそもそもクーリングオフの対象でない可能性が高いでしょう。


    >お客様に注文書や契約書に了承のサインを頂きクーリングオフ期間が過ぎた後キャンセルは出来ないとする契約は出来ますか?

    →全くキャンセルができないとすることは、消費者契約法違反となる可能性が高く、さらなるトラブルを招きかねないため、避けた方が良いでしょ。


    >それが出来ない場合損害金として工事金額の何%の請求が契約内容として妥当でしょうか?
    >工事を予定していた日数、資材の購入費、キャンセル資材の処分費、工事準備手間賃等があります。

    →何%と明示することは難しいのですが、法律上は、貴社に生じる「平均的な損害」の範囲内であることが求められます。

    施行日から●日前までは●%、といったように、段階的に設定することが望ましいでしょう。

    また、料金の支払い時期も、契約成立日から●日以内に●%、施行後に●%といった段階的に設定し、最初の入金後に資材の購入や業者の手配をすることも考えられます。

    ご参考になれば幸いです。

この投稿は、2021年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す