工事業者とのトラブル

公開日: 相談日:2020年05月26日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

新築して6ヵ月です。外構工事をハウスメーカー以外のエクステリア業者「以下、元請業者」に依頼し、着工中です。実際は、元請業者の協力会社に工事をさせています。
転圧機を正しい使用方法でせず、建物に傷をつけられ、1か所目は、ハウスメーカーに交換してもらい、その請求書を下さい、お支払します とのことです。
2か所目は、1か所目のすぐ下の固い場所のひび割れで、交換できる場所ではない為か、「絶対傷をつけていない」と強気です。
当方は、3カ月点検時のハウスメーカーの点検異常なしの書類があるので、工事業者に、傷つけられたとしか思ってしません。
依頼者の大切な資産なのに、事の重大さをわかっていない、こんな元請業者にいるのかとあきれる次第です。認めようとしないので、転圧機をもってくるよう依頼して、検証しようと思っています。
元請業者側のミスの場合、損害賠償請求できますでしょうか。
(ひび割れの箇所は、ハウスメーカーに直して頂くつもりです。元請業者に直してもらうと変にならないか今となっては信用していません。)

924187さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    工事業者のミスが原因で補修・交換等が必要になったと認められれば、損害賠償ができます。
    詳しい事情がわかりませんが、転圧機でアスファルトなどに転圧をかける際に使い方を誤って、建物にぶつけたという感じなのでしょうか。

    いずれにせよ監視カメラがあったわけでもないでしょうし、ミスを工事日報に残しているかどうかも分かりませんので、工事業者にミスがあったのかどうかに立証ができそうかについてお近くの弁護士に相談されることをおすすめします。

    新築された住宅について瑕疵担保保険などに入っておられましたら、その保険内容を確認いただき弁護士相談費用が本件でも出るのかどうかを確認いただいてもよいかもしれません(住宅建築自体に問題があったわけではないようなので難しいかもしれませんが。)。

  • 相談者 924187さん

    タッチして回答を見る

    有難うございます。瑕疵担保保険?調べました。
    ハウスメーカーに問題がないのですが、その様な項目があるか弁護士相談費用の件は、聞いてみます。
    センサーの死角でしたので、こちらが申し立てれる材料は、当日、stay homeの2人(私は、不在です)のすごい音がしたという証言と3ヵ月点検の異常なしの書類と1か所目のすぐ下であるということです。←これは、申し立には弱いですか?
    「絶対にやっていない」と言うのであれば、やっていないことを立証する義務が業者にはあると思っているのですが?

  • タッチして回答を見る

    弁護士相談費用が出るようなら使うべきなので、お調べいただいて損はないかと思います。

    家におられたお2人の証言と工事前には異状なしとの点検があることだけでは、証拠として少し弱いように思います。これらに加えて、ご自宅の破損状況が転圧機との接触?によるものと考えられる(転圧機が接触しなければ自然にそのような破損に至らない)というような意見書を建築士や他の工事業者からもらえると有利になるかもしれません。

    破損個所については写真を撮影しておき、お近くの弁護士さんに相談される際に見ていただくようにしましょう。転圧をかけた業者が何らかの補償をしてくれるように祈念しております。

  • 相談者 924187さん

    タッチして回答を見る

    当日、協力会社は元請に報告しておらず、詳細を聞いた私が翌日元請に電話をし事の次第を話したところ、「事実確認をします」と言うような具合で、危機管理が出来てない緩い元請業者のようでした。支店は、県内及び隣接県あり、決して小規模事業者ではないですが。

  • 相談者 924187さん

    タッチして回答を見る

    業者がやっていない事を立証する義務は、無いですか? お聞かせ下さい。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    業者に対して損害賠償などを請求する場合、業者が過失行為をしたことを請求者側が立証する必要があります。業者側が「やっていないこと」を立証する必要はないのです。
    法律構成によっては業者側が「帰責事由がないこと」を立証する場合もありますが,この場合も請求者が債務不履行を主張立証しなければなりませんので、結局は請求者側が業者の行為を立証する必要があります。

    元請の対応も速くないと感じておられるようですし、工事当時という過去の事実については立証のハードルは低くないため、根気強く補償を求めていく必要があるように思います。

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから