新築中の隣の軒先が境界線上。後退させたり、慰謝料請求できませんか。

お隣の土地で平屋建の新築工事中です。その家の軒先が境界線上から5センチ以内のところまで来ており圧迫感や不安、危険を感じており工事中の段階ですが、対策か損害賠償ができないでしょうかの相談です。
というのも境界線から自分側の壁まで1m程度あり通路、駐輪場として使ってます。九州北部ですが年1〜2回の積雪があり、その際の落雪や梅雨時期の大雨で雨水がこちらの敷地には 入り込んでくる事になりそうです。また平屋建のため軒が低く、暗くなったためその下を歩くと圧迫感を感じます。
1 相手に軒を切るなど後退要求できる方法ありませんか?
2落雪によるケガや物損などは請求できますか?
3そもそも境界線ギリギリまで軒を持ってくる様な設計をする際、設計者は賠償責任などのリスクを施主に進言しないものなのでしょうか!
2019年05月14日 01時17分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 1 相手に軒を切るなど後退要求できる方法ありませんか?
> 2落雪によるケガや物損などは請求できますか?
> 3そもそも境界線ギリギリまで軒を持ってくる様な設計をする際、設計者は賠償責任などのリスクを施主に進言しないものなのでしょうか!

建築基準法その他関係法令に従っていれば、問題はありません。
従っているのかわかりませんので、役所に相談してみるのも一つかと思います。
参考までですが、建築基準法65条に該当すれば、境界ぎりぎりで建ててもよいとされています。

(隣地境界線に接する外壁)
第六五条 防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

2019年05月14日 04時15分

相談者
迅速にご回答くださりありがとうございます。
場所は近隣商業地域ですが、防火地域かどうかは後ほど調べます。
もう一つありまして工事中にこちらに断りなく足場を立てました。許可してないので撤去してもらっていますが、やはりこちらの土地が必要な様です。
施主さんは現場を見に来ますがに挨拶やお願いにも来ないです。今後何かあるたびに借用する必要があるのに…。
設計士さんや工事担当者さんは施主さんアドバイスしないものなのでしょうか?もしくは設計時の重要事項関連で民法的にも説明されないのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

2019年05月14日 11時02分

この投稿は、2019年05月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 屋根からの落雪での弁償について

    雪深い実家で、独りで住む母の事で相談です。 隣家が取り壊されて、新たな住人が新築の家を建てて住み始めました。 隣家との境には真新しい室外機が7台設置されました。 雪が降り始めたら、確実に我が家の屋根から落雪して、その室外機を壊してしまうのは目に見えているそうです。 隣家に、対策はとられていますか?と聞いてみるも...

  • 建築設計事務所への報酬について

    建築設計事務所の報酬 建築設計委事務所への報酬ですが、総建築費見積の8%と言われ契約しましたが規定があるのでしょうか? 建築設計事務所の見積もりの8%ですが、実際の工務店の見積もりはそれより安かったです。 建築設計事務所見積もり→報酬計算→契約→工務店見積もり出る→工務店と契約 の順番です。 また、契約後はこちら...

  • 隣家の境界線の確認の為に立ち会い印鑑を押しました

    その後に不服が出た場合 裁判しか方法はないのでしょうか 1 土地の境界確定の訴え 2所有権確認訴訟 3筆界特定の申し立て 以上をこのサイトで見かけました。 境界線の不服を解消するには、何をどうすれば良いでしょうか? 期間と費用はどれくらいでしょうか? 勝算あるでしょうか? 2回目の質問すみません ご回答 どう...

  • 建築基準法 第54条はカーポートにも適用されるのでしょうか?

    建築基準法 第54条の壁面後退のくだりで、「建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離」とある部分で「これに代わる柱」とはカーポートも入りますか?四隅に立派な柱があるカーポートが南側の境界ギリギリに建てられ、陽あたり悪く、圧迫感があります。カーポートは建築物である為、これに該当しませんか?するよう...

  • 設計監理をした建築士の責任

    家を建てるにあたり、設計事務所で建築監理委託契約、建築会社で工事契約を結び家を建てました。 受渡しの1年後、建築士(設計監理)の選んだ建材に問題があり、大きな改修工事をすることになりました。施工会社は材料の異常を認めましたが、建築士は分からないの一点張り。建物の安全性も分からないといっています。 そして、新た...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。