建設業法等の適用範囲

建設業にて、ある専門業者(法人)の営業ですが、下請け業者(個人)に無申告業者がいます。建設業法等が適用されないと思い、当方が様々な嫌がらせをしていますが何か問題ありますか?
2016年08月01日 11時36分

みんなの回答

郡司 宏
郡司 宏 弁護士
ありがとう
無申告といっても500万円未満の工事はけんせつ業法上は無申告でできるはずです。嫌がらせをすることは、いずれ営業妨害とかの問題を引き起こします。また、元請けに直接に名指しで申告されてはどうなるでしょうか。そのようなことをして下請が気持ちよく働けないではないですか。非効率になるのではないですか。

2016年08月01日 11時53分

この投稿は、2016年08月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不動産業の法律問題について

    教えてください。 不動産業者が、土地を売りたい人を見つけ、宅建業を営む業者に紹介します。 当該業者から、顧客の紹介料を貰う行為を反復継続(年に数十回)している場合、その行為は、宅建業にあたりますか?? あと、不動産業者が顧客(家主)に賃貸物件の建て替えを提案し、引き合いのある顧客を建設業者に紹介しています。当該...

  • 着工直前に建築物内に都市計画道路がある事を知らされました。計画変更に伴う費用負担。

    医療関係の者です。 市街化調整区域の土地で事業用定期借地にて事業を計画中の者です。 医療関係の企業様から紹介された建設業者様が、不動産物件として市中に出回ってなかった土地を見つけ、私もその場所が気に入り、建設業者様が直接地主様と交渉の末に定期借地契約の覚書まで完了しています。 私がフリーの設計士様による設計を依...

  • 業者間の新築工事請負契約による品確法の適用について

    品確法の瑕疵担保責任は、業者間の工事請負契約による新築住宅でも適用されますでしょうか?それとも、あくまで個人が業者と契約して新築した場合の消費者保護の観点からの法律なのでしょうか?

  • 粘り強い用地交渉と住居侵入罪について

     行政機関等による公共事業の用地買収の交渉では、事業予定地の土地の所有者が「売る気はないのでもう来るな」と明言した後でも所有者宅を訪れ契約をお願いするということがあるようです。  そのような行為は住居侵入等罪には抵触しないのでしょうか?  正当な業務行為と評価されますか? 刑法 (正当行為) 第三十五条  法...

  • 地上権設定された土地の地中から出た構造物の所有者は誰?

    鉄道事業者です。 地上権を設定している土地をA業者が掘削してみたら、当方の図面にない、憶えのないコンクリート構造物が出ました。A業者から、トンネルを所有する当方の物だろうから、撤去費用を求められたと仮定すると、従わざるを得ないですか?また、これは法的に誰の物ですか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。