建設業請負工事の請書不発行

印紙代の負担を避けるため、発注者(元請)の了承のもと、建設業請負工事の注文請書を発行しておりません。これは、発注者(元請)・当社(下請)とも、建設業法違反になるのでしょうか。また、その場合の罰則は、どのようなものなのでしょうか。
恐れ入りますが、ご教授ください。よろしくお願いいたします。
2013年05月17日 17時35分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
建設業法19条では、建設工事の請負契約の当事者は、契約の締結に際して
必要事項を書面に記載し、
署名又は記名押印をして相互に交付しなければならないとしています。
つまり、元請けと下請けとの間で建設業法で決められた内容の契約書を作成
しなければなりません。これは法的義務です。
契約書を作成するのが原則ですが、一定の要件の満たしていれば
請書を作って相互に交換することでも良いと行政見解で許容されているものなので、請書すら作らないのは法的義務に反する違法行為となります。
刑事罰としての罰則はありませんが、あきらかな違法行為であれば
行政処分として監督処分の対象となります。
監督処分は指示処分、営業停止処分、許可取消処分の3つで、この順番に
重くなっていく形になります。
いきなり営業停止(まして許可取消)というのはないでしょうが、
発覚すれば指示処分はありえます。
また、監督処分がなくても、行政からの指名停止や
事実上指名からはずれてもらうという事実上の指名停止ということはあり得ます。
あとは、
発覚する可能性・処分の可能性・処分の軽さ等と印紙代との損得を比較して質問者様が判断するということになります。
この辺のところのあうんの呼吸は、弁護士などよりも、
業者である質問者様の方が感覚としてよく分かるのではないかと思います。

2013年05月18日 21時03分

相談者
ご回答ありがとうございました。勉強になりました。
(お礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした)

2013年05月21日 16時28分

この投稿は、2013年05月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 建設業請負工事請求方法について教えて下さい。

    建設業請負工事請求方法について教えて下さい。 当方、建設業請負工事を行っております。 新しく請け負う現場の受注金額等がまだ決定していないのですが、早くも打ち合わせなどの業務が始まってしまう場合、 日額や時間当たりいくらというような方法で、元請に請求することに問題はございませんか? その場合、予め契約を別途結ぶ...

  • M&Aで売主の商売に違法性が発覚、契約取り消しは出来ますか。

    昨年ですが知人を介してAという人物から合同会社の買い取りをしました。業務内容は介護事業になり事業所は1階と2階です、当方の確認ミスは重々承知の上での相談です。2階部分での集客力が魅力で買い取りましたが、契約締結後のAの言動に不信感を覚え色々調べると2階部分は行政への届け出がされておらず2階での保険請求に対する業...

  • 社長が無断で契約書に代表者印を押印

    当社は取締役会非設置会社です。企業買収を進めるための秘密保持契約書及びDD契約書に、従業員が全員退社後に社長が金庫に保管の代表者印を押しました。社長だから許される行為でしょうか。社長が代表者印を押したのは初めてのことです。企業買収は当社の収益を悪化させることと、当社が契約している企業から、損害賠償を請求される危険...

  • 緊急対応希望。架空建築債権譲渡について

    建設請負会社A 建設会社B 契約者C 金融機関Dが関係者です。 契約者Cの立場でご返答お願いします。 契約者Cは建設請負会社Aに商業施設の建設を依頼しました。その際、金融機関Dから借入をおこしました。 商業施設が未完成の段階ですが、建設請負会社Aから全額入金の依頼があり、なぜか?金融機関Dからも融資が全額入金されたため...

  • 下請法違反について

    弊社は産業廃棄物の処理を甲社に委託したところ、実際の処理は乙社が行うとのことで、弊社と乙社の間で業務委託契約書を取り交わしました。 もっとも、その支払は甲社にするようにと甲社から依頼されたため、弊社と乙社の間の契約書にはその旨定めています。 甲社は産廃処理の管理を行うようですが、弊社と甲社の間で契約書は取り交わ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。