1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 抵当権
  4. 抵当権の抹消
  5. 抵当権抹消登記。それとも自分で記載するのでしょうか?

公開日:

抵当権抹消登記。それとも自分で記載するのでしょうか?

2013年02月17日
数年前に父親がアパート一棟ローンで建設しました。
最初土地に抵当権が付き、数か月後、追加担保で建物にも抵当権が付きました。
最初は土地も建物も父親名義です。
数年後土地の一部を子供(私)に贈与して土地は共有名義になりました。
建物は父親1人で変更ありません。

最近ローンの返済が終了しました。抵当権を抹消しようと思います。今回父親に頼まれ私(子供)で行いたいと思います。銀行からも書類をいただきました。銀行からもらった書類は
(1)委任状1枚
(2)(根)抵当権設定契約解除証書
(3)抵当権設定契約書
(4)抵当権追加設定契約書
(5)代表者事項証明書
(6)登記識別情報通知(土地)
(7)登記識別情報通知(建物)

1枚で申請できるみたいなのですが、登記申請書の書き方がわかりません。
全部事項証明書には土地の順位番号が2番、建物は1番です。

まず登記申請書の「登記の目的」はなんて書けば良いのですか?
登記申請書の「権利者」の欄は父親と私の住所・名前を書けば良いですか?
私は土地を父親と共有で所有していますが建物は父親1人の名義ですが。。

銀行からもらった委任状の1部は自分で記載しないといけません。、しかし鉛筆で銀行側が記載してくれたのですが、土地の抵当権を設定した日付、法務局の名前、受付番号、解除した日付しか書いていないのですが、その委任状でOKなのですか?建物の抵当権を設定した日付、法務局の名前、受付番号は必要ないのでしょうか?それとも自分で記載するのでしょうか?土地の抵当権を解除したら共同担保なので自動的に建物も解除になるのでしょうか?

ちなみに建物も土地も抵当権が解除された日は同じです。
お答えお願いします。

相談者(164094)の相談

みんなの回答

加藤 寛崇
加藤 寛崇 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 三重県1
ありがとう
登記手続は弁護士よりも司法書士に相談する方がいいです。

2013年02月17日 05時02分

この投稿は、2013年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言書がある場合に相続手続きを自分で行うための手続きガイド

遺言書がある場合の相続手続きは自分で行うことができます。この記事では、預金、不動産、自動車などの財産ごとに必要な手続きを詳しく解説しています。

相続した財産の名義変更を自分で行うための手続き

相続の手続きを進める中で、遺産の分け方が決まったら、遺産の名義を被相続人から自分の名義に変更しなければなりません。名義変更の方法は、不動産や...

この相談に近い法律相談

  • 登記された通行地役権は書面通りに抹消されますか??

    3年ほど前、所有しているA土地を売却した際に買主からA土地購入条件として、 同じく私が所有しているB土地(Aに隣接)に10年間の通行地役権の設定の条件で売買が成立しました。 売買契約書の特約条項として、 ①B土地に10年間の通行地役権を設定する。(登記する) ②売買後これらの特約条項を公正証書にしたため確約する。 ...

  • 根抵当権

    根抵当権設定契約証書の作成についてですが、対象となる不動産の記載を謄本通りでなく簡素化した以下の2つの方法では駄目でしょうか? 1.○○区○○町○丁目○番の土地、同所家屋番号○○番○の建物 2.謄本記載の不動産番号のみ ご教授願います。

  • 家屋の登記簿に故人が所有者だと何十年も載っていましたが、そういう家屋と言うのは存在するのでしょうか。

    30年以上前になりますが、当家は、当時の所有者とで土地家屋の売買契約書を交わしています。 契約書などを調べて行く中で当家は土地家屋に対して登記の名義を書き換えていないという事が分かりました。現在、相続によって譲り受けた不動産を登記したいと思い、契約書に基づき戸籍などを調べています。 それによると当時の所有者は...

  • 根抵当について。父はその保証人?

    以下の状況で根抵当を解除する事は可能でしょうか? 15年前:根抵当設定(別々の名義の伯父・父の土地) 6年前:伯父・従兄・父・私・妻で、私の父の土地に設定した根抵当を4年後に外す事を書面で契約する 4年前:伯父が亡くなり従兄が事業を引き継ぐ 1ヵ月前:父が亡くなった 現在:根抵当は外して貰えずに困っている 概要: 約1...

  • 不動産売買契約に関するトラブル

    古家付き土地の公簿売買契約(地番100-2)を、不動産仲介会社を通して行ったのですが(100-2の登記移転、代金支払い、引き渡し全て完了)、 売主が敷地として利用していた中に法務局の公図を見れば、他人名義の土地(地番100-1)の存在が明らかに分かったにも拘らず、それを不動産仲介会社が見逃してしまいました。 もしも、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。