共有の土地を共有者1名から借りた場合の借地権の対抗力について

2名共有となっている土地を借りて店舗を建設する予定です。地主の意向として、賃貸人を共有者1名の名義にしてほしいとのことです。名義人とならない共有者から同意書をとった上で、共有者1名と契約した場合、建物保存登記をすれば第三者への対抗要件は具備したと言えるでしょうか。
名義人とならない共有者が持分を譲渡した場合、持分の譲受人に借地権を対抗できるでしょうか。
2017年05月29日 12時47分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
共有という形で考えると分かりにくいですが、
他の共有者の共有持分は、要は、他人の物と考えると、
他の共有者の共有持分については、他人物の賃貸をするということになります。
他人物の賃貸借も契約として有効ですが、所有者に対抗できません。
所有者が他人物賃貸借に同意していたとしても、その所有者から売買などで新たに所有者になった者には、登記による公示がないので他人物賃貸を対抗できないおそれがあります。
これと同様に考えると、他人の共有持分について、その他人が同意していたとしても、新たに共有者になった者に対抗できないおそれがあります。
仮に対抗できないとすると、借地借家法が適用されるような賃貸借契約は、単なる管理行為とは言えないので、新たな共有者から、その賃貸借契約の無効を主張されるおそれがあります。
実際に訴訟で争われれば、事情によって結論が違ってくる可能性がありますが、不安定要素があることは間違いないので注意が必要です。

2017年05月29日 18時20分

この投稿は、2017年05月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地所有者の借地権の買取(共有の場合)

    借地権付きの土地をAが2分の1、Bが4分の1、Cが4分の1所有しています。 Aがその建物を購入する場合、AとBの合意があれば、Aは、建物所有者からCの合意がなくても、共有者の過半数を超えているので、可能でしょうか? それとも、土地所有者のCの同意も必ず必要になるのでしょうか?

  • 共有土地の使用貸借について質問です。

    共有土地の使用貸借について質問です。 私の父が所有する土地(山林)が合計4人の名義で 共有されています。しかし父以外の共有者は この土地の存在すら知らないと思われます。 8年前に父親からこの土地で仕事をするようにと 建物を目的としない使用貸借契約をしました。 契約書の内容には、父の持ち分に対しての使...

  • 借地上の借地人所有の建物を第三者に貸した場合の地主の対応策について

    借地人が借地人所有の建物を第三者に貸そうとした場合、地主はなんら反論することはできないのでしょうか。例えば承諾料とか契約解除とか何らかの対応策はないのでしょうか。

  • 建物名義人と借地権者が異なる場合、善意の第三者に建物名義人は対抗する手があるか?

    ■借地権の名義人と建物の名義人が異なる場合について 現在、父親が借地権の名義人になっております。(地主と旧借地権契約を結んでいる) その土地の上に、息子の私が名義人の建物を新築し、 1階部分を賃貸、2階部分に息子の私が居住する予定です。 ※ここまでの内容については、地主に口頭で同意をもらっています。 ■お伺い...

  • 共有者の一人が決めた契約は他の共有者にも効力があるのでしょうか?

    Aが4分の2、Bが4分の1、Cが4分の1の土地を共有で所有しています。 借地権者が、Aとだけ振込手数料をAが負担するという約束をした場合、BとCは借地権者に振込手数料を負担させることはできないのでしょうか? また、借地権者とAだけが、借地権の契約書を交わした場合、BとCに効力が及ぶのでしょうか? それとも、借...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。