民法263条土地の多数共有名義人の一人が、売却された土地は集落の総有地であることの確認ができるのか?

  間違って、相談終了ボタンを選択したため、回答がないのに回答受付期間が終了してしまいました。
 改めて先生方に質問させて頂きます。

  代表者のいない集落の民法263条の多数共有名義(登記名義人は委任者の集落から委託された多数受  託者)の入会地につき、集落の慣習規約では総有土地を第三者に持分の処分ができない合意があります 。
  しかし、全員の同意なく、被相続人(受任者の一人)の相続人の一人(私)を除いて他の相続人を含  む多数共有名義人全員が、当該土地を相続財産として共有者以外の第三者に処分しました。そこで先生方 に質問がございます。

1、相続財産ではなく、委任者の集落の損害は明らかです。
 話し合いでは解決できず、代表者がいないのですから、上記被相続人の受任者としての登記簿上の持分の うち、自分の持分(総有)まで売却された私一人が、被相続人の委任の終了による私の民法654条所定 の必要な処分を行うべき地位を有することの確認と、売却した土地は集落の共有の性質を持つ入会地であ ることの確認、及び売買無効を第三者を含めた全員に確認をした上に、売却した土地の共有者全員持分全 部移転登記を抹消して、他の相続人の善管注意義務違反を理由に、他の相続人を登記義務者にして、被相 続人名義だけの登記を被相続人の委任の終了を原因として自分に移転登記をする登記請求手続きをする固 有必要的共同訴訟は認められますでしょうか?
  どうぞよろしくお願いします。
2016年01月20日 00時10分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都7
ありがとう
被相続人の委任の終了による私の民法654条所定 の必要な処分を行うべき地位を有することの確認と、売却した土地は集落の共有の性質を持つ入会地であ ることの確認、及び売買無効を第三者を含めた全員に確認をした上に、売却した土地の共有者全員持分全部移転登記を抹消して、他の相続人の善管注意義務違反を理由に、他の相続人を登記義務者にして、被相続人名義だけの登記を被相続人の委任の終了を原因として自分に移転登記をする登記請求手続きをする固有必要的共同訴訟は認められますでしょうか?

→ 確認訴訟については確認の利益がないとして却下される可能性がありますね。
移転登記抹消請求訴訟は可能と思います。

2016年01月27日 02時56分

相談者
高橋 淳先生ありがとうございます。
 
再度質問させていただきます。

私の立場では、民法654条所定の必要な処分を行うべき地位により登記請求件が認められさえすれば一番良い事です。
確認訴訟と同時に登記請求をして、確認の利益がないと却下されてしまうと登記請求権も却下、または棄却されるということにはならないと考えてもよいのでしょうか?

2016年01月27日 11時18分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都7
ベストアンサー
ありがとう
> 高橋 淳先生ありがとうございます。
>  
> 再度質問させていただきます。
>
> 私の立場では、民法654条所定の必要な処分を行うべき地位により登記請求件が認められさえすれば一番良い事です。
> 確認訴訟と同時に登記請求をして、確認の利益がないと却下されてしまうと登記請求権も却下、または棄却されるということにはならないと考えてもよいのでしょうか?

ご理解の通りです。登記請求訴訟には、そもそも、確認の利益が要求されていませんから。

2016年01月27日 12時45分

相談者
高橋 淳先生

早速ご回答ありがとうございます。
こころより感謝いたします。

2016年01月27日 13時48分

この投稿は、2016年01月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 換地と抵当権の実行、および登記について

    換地処分前に一団の土地を私を含め10名で共有していた土地があり、共有者各人が住宅ローンを組み、建物を建てて抵当権を設定し、土地については従前地の各持分に銀行等が抵当権を設定しています。その後、換地処分が終了し、土地所有者は土地についての共有関係を解消し、所有権登記のみ、換地処分後の各土地について所有権の登記をし...

  • 土地売買契約後に売主が死亡した場合の対応について

    (背景) 現在、事業目的で土地を取得しようとしております。 当該土地の地目は農地であり、農業目的ではないため、農地法第5条の許可を要します。 土地売買契約締結後、土地代金の支払いと引き換えに、農地法第5条許可を停止条件とする所有権移転請求権の仮登記を行います。その後、農地法第5条許可に至ったら所有権移転登記手続...

  • 家屋の解体費用と遺産分割時の法定相続分と同じ比重で良いのでしょうか。

    被相続人(当方の義父)より未登記の不動産(土地購入予定者=元所有者の名義)が全相続人の共有財産となり、当方の夫が相続人代表を務め、土地購入予定者と土地・家屋の売買に関して協議をし、内容を書面にして署名実印を以て同意としました。 その後、土地協議中に当方の夫と相続人Eの親(被相続人の子供)、2人が他界。 数次相...

  • 登記簿の「表題部所有者」なだけでは所有権者ではない?

    登記簿の保存登記をする前の「表題部所有者」は当該土地の所有権者ではないのでしょうか? そうだとするととても紛らわしいですが、なぜこのような表記になったのでしょう? (所有権の保存の登記) 第七十四条  所有権の保存の登記は、次に掲げる者以外の者は、申請することができない。 一  表題部所有者又はその相続人その他...

  • 登記簿上の所有者と実際の所有者が異なる土地、登記簿上の所有者が当該土地を勝手に売った場合の扱い

    入会林等の登記簿上の所有者(A氏)と、実際の所有者(B氏)が異なる土地について、登記簿上の所有者が当該土地を実際の所有者に無断で別の者(C氏)に売った場合、法律上の扱いはどうなってしまうのでしょう? 下記の二つの場合ではどちらも当該土地の所有者はC氏ということで間違いないのでしょうか? また根拠条文はなんでしょう?民法...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。