広大地の分筆、分筆箇所以外の測量や隣接地権者等の立会を省略することが許される条件とは?

 広大地の分筆の際に、当該広大地の分筆箇所以外の測量や隣接地権者等の立会を省略することが許される条件とはどのようなものなのでしょう?
 下記の条文が関係すると思うのですが、もう少し具体的な実務の指針となる通達等はありますか? 

不動産登記事務取扱手続準則
 (分筆の登記の申請)
第72条 分筆の登記を申請する場合において,分筆前の地積と分筆後の地積の差が,分筆前の地積を基準にして規則第77条第4項の規定による地積測量図の誤差の限度内であるときは,地積に関する更正の登記の申請を要しない。
2 分筆の登記を申請する場合において提供する分筆後の土地の地積測量図には,分筆前の土地が広大な土地であって,分筆後の土地の一方がわずかであるなど特別の事情があるときに限り,分筆後の土地のうち1筆の土地について規則第77条第1項第5号から第7号までに掲げる事項(同項第5号の地積を除く。)を記録することを便宜省略して差し支えない。

不動産登記規則
(地積測量図の内容)
第七十七条  地積測量図には、次に掲げる事項を記録しなければならない。
一  地番区域の名称
二  方位
三  縮尺
四  地番(隣接地の地番を含む。)
五  地積及びその求積方法
六  筆界点間の距離
七  国土調査法施行令第二条第一項第一号 に規定する平面直角座標系の番号又は記号
八  基本三角点等に基づく測量の成果による筆界点の座標値
九  境界標(筆界点にある永続性のある石杭又は金属標その他これに類する標識をいう。以下同じ。)があるときは、当該境界標の表示
十  測量の年月日
2  近傍に基本三角点等が存しない場合その他の基本三角点等に基づく測量ができない特別の事情がある場合には、前項第七号及び第八号に掲げる事項に代えて、近傍の恒久的な地物に基づく測量の成果による筆界点の座標値を記録しなければならない。
3  第一項第九号の境界標の表示を記録するには、境界標の存する筆界点に符号を付し、適宜の箇所にその符号及び境界標の種類を記録する方法その他これに準ずる方法によってするものとする。
4  地積測量図は、二百五十分の一の縮尺により作成するものとする。ただし、土地の状況その他の事情により当該縮尺によることが適当でないときは、この限りでない。
5  第十条第四項の規定は、地積測量図について準用する。
村のためさん
2015年07月16日 00時45分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
法務局に確認されたら確実な通達が参照できます

2015年07月24日 23時40分

この投稿は、2015年07月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 用地買収のための境界確認と地積測量図の作成だけでは、公図を14条地図に改めるには不十分?

     用地買収のための境界確認と地積測量図の作成だけでは、公図(地図に準ずる図面)を14条地図に改めるには不十分なのでしょうか?  ある公共事業で用地を買収する際、地権者が境界確認を行いそれを元に業者が地積測量図を作成し、買収箇所を分筆する手続を法務局に行ったのですが、結局、昔からある古い公図に買収箇所の分筆線を入れた...

  • 地籍図と公図の違いとは?

    地籍図と公図の違いとはどのようなものでしょう? また、どちらも不動産登記法に定められている地図と呼べるものなのでしょうか? 不動産登記法 (地図等) 第十四条  登記所には、地図及び建物所在図を備え付けるものとする。 2  前項の地図は、一筆又は二筆以上の土地ごとに作成し、各土地の区画を明確にし、地番を表示す...

  • 建築基準法上の道路ではない現況道路の土地を、位置指定道路にするにはどれくらいの費用と時間が必要?

     建築基準法上の道路ではない現況道路の土地を、位置指定道路にするにはどれくらいの費用と時間が必要なのでしょうか?  また、当該道路の所有者ではないものが当該道路に接する場所で建築確認が降りるようにしたい等の理由で当該指定の申請を行うことも可能なのでしょうか?  可能だとすると、当該道路の所有者が位置指定に反対し...

  • 昭和62年作成地積更正測量図の境界線について

    先般、質問した土地境界問題と重複しますが、 記述内容に、少し付記して再度質問します。 当方の父親が申請人で作成者が土地家屋調査士の法務局備え 地籍測量図について、困惑しております。 昭和59年に自分の父親(平成25年12月死去)が 所有していた山林が、民間事業の大規模住宅団地造成の 開発区域内用地に計画された事...

  • 民泊等禁止を盛り込むための標準管理規約 第12条の表記方法について

    初めまして。 標準管理規約を運用中の当マンションにおいて、第12条を改正し民泊禁止を明示することとなりました。 それに先立ち、同条の改正案を管理会社から頂いたのですが、その文言に違和感を抱いております。 提示されたのは以下(原文まま)です。 (専有部分の用途) 第12条 区分所有者及び占有者は、その専有部分...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。