不実記載罪になった場合の住所変更登記

こんばんわ、住所変更登記について、お願いいたします。

住所地Aから自分は住んでいない住所地B(実家)へ住民票を移し、

その約1年半後に、自分と弟名義の不動産の住所変更登記を

AからBへ行いました。

もしもの話で恐縮なのですが、

AからBへ住民票移転したことが公正証書不実記載罪になった場合、

AからBへの住所変更登記(すでに完了しています)も、

不実記載罪になるのでしょうか?

(住民票の住所が否定されるので、その住所への住所変更登記も同罪となるのかな・・)

またその場合、住所変更登記も無効ですか?

2015年08月18日 18時01分

みんなの回答

相談者
変な質問、すいませんでした・・・。

2015年08月20日 10時55分

相談者
もしも住民票移転が不実記載罪になったとしても
住所変更登記については、住民票が不実記載罪になったとはいえ
その住民票通りの住所で住所変更登記をしてるから
住所変更登記そのものについては不実記載罪にはならない
と思いたいのですが・・・・・。

2015年08月20日 11時48分

弁護士A
ありがとう
実家を住民票上の住所地とすることはそれほど珍しいことではなく、実際に公正証書原本不実記載罪として処罰される心配はまずないと思います。

2015年08月25日 18時42分

この投稿は、2015年08月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚に向けて配偶者と別居する場合に住民票を別居先の住所に移す必要はあるのか

離婚に向けて配偶者と別居した場合、住民票を別居先の住所に移した方がよいのでしょうか。また、別居した場合に戸籍はどうなるのでしょうか。この記事...

公正証書原本不実記載罪・電磁的公正証書原本不実記録罪とはどのような罪か

戸籍などの公的な書類を作成するときに、公務員に虚偽の内容を伝えて、事実と異なる内容の記載をさせると「公正証書原本不実記載罪」や「電磁的公正証...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

この相談に近い法律相談

  • 住所変更登記は大丈夫でしょうか?

    すいません、お知恵をお貸し願えませんでしょうか。 訳あって私は住民票の住所に住んでいません。 そんな状況で、自分と弟の名義の不動産の、自分の住所変更登記を、住民票の住所へ移しました。 あとから知って激しく後悔してるのですが、住所変更登記は有効でしょうか? それと、住民票の住所への住所変更登記をしたのです...

  • 罪を負った場合の登記につきまして

    住民票上の住所に居住していない状態で この住民票の住所で、 ・住所変更登記 ・所有権移転登記 などを行い、 その後、住民票の住所に居住してない事で 公正証書不実記載罪や住民基本台帳法に抵触し罪になった場合、 上記の2つの登記はどうなってしまいますか? 登記時の住民票の住所が否定されてこれら両方の登記も無効ですか...

  • 住所変更登記と所有権移転登記

    家を購入したとき、夫は実家の住所だったため、 登記済証の住所が実家になっています。 そしてさらに今は、別居しているのですが、住民票は私と同居していたときのものです。 登記済証の住所A 別居先B 住民票C と住所がバラバラなので、とりあえず住民票の異動と印鑑登録をしてもらい、 Bの住所に変更になってから、離婚届...

  • 戸籍の附表に記載される住所について

    こんばんわ。 戸籍の附表に記載される住所について教えて頂けませんでしょうか。 同じ市内で引越しした場合なんですが、 A市B町に1年間住んで(住民票の住所もB町) A市C町に2年間住んで(住民票はB町のまま) A市D町に2年間住んだとします(住民票の住所はD町に移した)。 D町に2年住んだ時に戸籍の附表を取得...

  • 公正証書原本不実記載罪でしょうか?

    お目汚し大変申し訳ございません。 訳あって住民票を自分が全く住んでいない実家へ移しました。 (財産隠秘目的ではなく、離婚により相手方に実際の住所をしられたくないためです) その約2年後、共有名義の不動産の住所変更登記をこの住民票の住所で登記しました。 この住所変更登記は、公正証書原本不実記載罪に該当しますでしょ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。