登記簿の住所変更

転勤などがあり、7年前から所有しているマンションを人に貸しています。 その間に3度ほど住所が変わっていますが、登記簿の住所変更をしていません。 そろそろ売却をしたいと考えていますが、やはり、住所変更をしておかないと、手続きに問題が出ますか。 教えて下さい。
2015年05月28日 19時21分

みんなの回答

大村 真司
大村 真司 弁護士
ありがとう
住所変更は、登記時点でする必要はありますが、急いでする必要まではないかもしれません(もちろんする方が望ましくはありますが)。
ただ、売却することを理由に明渡しを求めることはできないので、賃料収入物件として売ることになります。一室の売却としては、あまりいい条件ではないかもしれません。

2015年05月28日 20時13分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
実務上は,売却時点の住民票上の住所と登記に表示されている住所とが異なる場合は,売買登記の前に住所変更登記をするよう求められることが多いように思います。
通常は,売却の際に司法書士へ売買と住所変更の各登記を併せて依頼することができますので,今すぐ住所変更登記だけ先行して行う必要まではないかもしれませんが,7年間で3回住所が変更されているということであれば,住民票や戸籍附票で住所が繋がらないこともあり,その場合は手続が若干面倒です(司法書士の費用も高くなります)。

2015年05月28日 21時07分

この投稿は、2015年05月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続した財産の名義変更を自分で行うための手続き

相続の手続きを進める中で、遺産の分け方が決まったら、遺産の名義を被相続人から自分の名義に変更しなければなりません。名義変更の方法は、不動産や...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

この相談に近い法律相談

  • 住所変更について。住所変更はやった方がいいのでしょうか?

    カテゴリが分からなかったのでここにしてしまいました。 今住んでいる家に何年も住んでいます。 ですが、未だに住所変更をしていません。 住所変更はやった方がいいのでしょうか? このまま住所変更をしないで住んでいたら何か問題ありますか?

  • 住民票に載っていないのに別居中の主人の手紙が届いてしまう

    別居中で他県に住んでいる主人とは離婚調停で不成立の状態です。 昨年主人の退職に伴い今まで住んでいた賃貸マンションからアパートに 引越ししました。 マンションの家賃は主人が払っていました。 住民票は主人が他県に長期出張の時に移しています。 子供は独立しているので、私だけ今のアパート住所になっています。 引越しの際...

  • 心配なことがあります。

    私は今年の7月に引っ越しをしたのですが。相手方が、私と昔住んでいたアパートの住所変更を一年以上していなく、私は娘の住所も自分の所に変更しました。 今裁判で監護権でもめてます。昔住んでいたアパートには他人が住んでいます。娘は相手方にいます。来年娘は小学生で一応私の所に住所を移しました。悪意はありません。相手方か...

  • 老親の不動産売却について(権利証を紛失、登記簿上の住所が以前の住所になっている)

    老親のマンション売却について質問させていただきたいと思います。 84歳の母がおり、東京23区内のマンションで一人暮らししています。母は、父とともに一時期他県に住んでいたのですが、父が亡くなった時にこのマンションに引っ越してきました。それから、そろそろ9年になります。最近は足腰も弱ってきたことと、少し鍋を焦がしたり、...

  • 住民票他の移動。前の家が共有名義の為住所変更登記?

    3年半前に離婚して今まで2階と1階で同居していましたが近く今住んでいる町内に中古住宅に引越すことになりました。 今の家は共有名義で残ローンがあり債務者は元旦那私が連帯保証人です。 たぶんそのうち元旦那がローンを払えなくなり売却する日もそんなに遠くないと思います。 娘が元旦那にストーカーされたりしてしばらくは住民...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。