共有地の名義変更(自治会に贈与)登記について

法人化された自治会です。
自治会地内の共有地(集会所等)を自治会員の賛同により自治会の資産として贈与し自治会名義に変更登記中です。
1.共有地地権者と連絡は取れるが承諾が得られない
2.共有地地権者と連絡取れない
  (1)倒産による精算会社(管財人等不明)
  (2)個人地権者(居住地不明)
このような現状から100%合意が得られないので難航しています、今後解のために考えられる法的な手段(裁判等)についてお伺いします。
 また現集会所を自治会内の別の共有地(名義変更中)への移転建替の可否及び解決すべき事項をもお伺いします。
  以上
2015年01月19日 17時33分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県3 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
登記名義の変更に同意しない人がおれば、その人の権利について移転登記はできません。今のところは同意した人の分だけ移転登記をするしかありません。いずれ10年ほど経過したところで取得時効を完成させて、裁判所の判決を得て移転登記をすればいいでしょう。建物の移転建替えは法人として決定し実行すればいいのです。

2015年01月19日 18時26分

相談者
有難うございました。
1.取得時効について、10年経過はどの時点から起算されますか、
 変更登記を開始し、名義人に依頼した時点となりますかまた、証 拠となる記録(依頼文、交渉経過の記録等)についてお伺いしま す。
2.移転建替後の登記について、町内会名義で保存登記は可能です  か。
以上

2015年01月25日 17時52分

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県3 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
<取得時効について、10年経過はどの時点から起算されますか。変更登記を開始し、名義人に依頼した時点となりますか。>
 そうです。

<証拠となる記録(依頼文、交渉経過の記録等)についてお伺いします。>
 訴訟の際、それも必要になるでしょう。

<移転建替後の登記について、町内会名義で保存登記は可能ですか。>
 登記手続きは土地家屋調査士さんに依頼してします。その意見を聞いてほしいのですが、できるはずです。

2015年02月01日 19時08分

この投稿は、2015年01月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 区分所有地に建つ建物の建替について

    再々の質問で恐縮です、 1.建物の所有者について  (1)現建物は登記されないが町内会所有として維持管理しています、建替後は法人   化された町内会名義として登記したい。  (2)土地は、法人化された町内会名義と、町内会員以外の地権者(数名)との共有   地です。     この場合、共有地権者の承諾が必要でしょう...

  • 町内会の所有する土地の共有持分

    ある町内会の構成員の一人です。数年前より町内会で所有する土地を数名の個人名義で登記を行っていましたが、昨年にそのうちの一人が転居により町会内の構成員でなくなりました。そこで、転居した方に、町内会より、当該土地の共有持分を他の共有持分者へ移転する委任状に承諾の押印をするように求めてきましたが、未だ押印をいただいて...

  • 登記簿上の所有者と実際の所有者が異なる土地、登記簿上の所有者が当該土地を勝手に売った場合の扱い

    入会林等の登記簿上の所有者(A氏)と、実際の所有者(B氏)が異なる土地について、登記簿上の所有者が当該土地を実際の所有者に無断で別の者(C氏)に売った場合、法律上の扱いはどうなってしまうのでしょう? 下記の二つの場合ではどちらも当該土地の所有者はC氏ということで間違いないのでしょうか? また根拠条文はなんでしょう?民法...

  • 認可地縁団体の制度がなかった時の町内会代表者共有所有地の所有権移転登記方法と土地賃借料の取り扱い

     認可地縁団体の制度がなかった昭和5年頃に、A町内会の自治会館の土地Bを、A町内会の名前では登記できなかったのか、A町内会の当時の代表者4名の共有地として所有権登記した。その約70年後、A町内会の自治会館は別の場所に移築したため、土地Bの自治会館跡地は更地にして、4名の土地共有所有者と関係のない方Cと駐車場としてA町内...

  • 認可地縁団体Aの土地の登記を個人名義からA町内会に改めるには?

    経緯  認可地縁団体の制度が存在しなかった時代に、A町内会の所有地である土地Bを、A町内会の名前では登記できないが故に、A町内会の当時の会長のC氏がC氏の名前で所有権登記し、その後、そのような経緯を知らないC氏の相続人のD氏が当該土地を相続により承継し登記もD氏名義に改めた場合、当該土地Bを認可地縁団体成立後の「A町内会...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。