知らない間に土地の名義が変更がされた

私の父親名義だった土地の名義が、2年ほど前に父親のイトコの名義に変わっていました。そのころは父親は認知症でサインや印を押すことも不可能な状態でした。こんな状態で名義変更は有効なのでしょうか?
もう少し経過を書きますと発端は50年ほど前になります。そのイトコは50年ほど前に売買が成立していると言うのです(イトコの父親と)。確かにそのころからその家族が住んでいました。長男だった父親はそのころに新しく家を建ててはいます。しかし、土地建物の名義はずっと私の父親名義でした。当然税金も払っていました。父親が売買した証拠があればもってこいとずっと言っていましたが確たる証拠は無い様に思います(イトコは持っていると言っているようです)。その証拠があっても父親のサインなどが無いと変更できないと思うのですが。今回父親の死亡により相続する事になってその土地の名義変更がされている事が分かりました。建物は老朽化しているので登記していなかったようです。その建物だけとりあえず私が相続する予定になっています。場合によっては書類の偽造などがある可能性もあります。父親も家族も誰も判子やサインをしていないのですから。
このような名義変更が有効なのか、もし有効でないのならどうすれば元に戻せるのか教えていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。
2008年05月08日 06時42分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
まず、登記事項証明書(いわゆる登記簿謄本)を見てみてください。
所有権移転登記をするには、所有権の移転原因となる証拠が必要になり、司法書士もその点を確認しているはずです。そこで、従兄弟が登記を依頼した司法書士を訪ねてみるべきです。

2008年05月08日 08時31分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
まず、登記の申請書類を法務局に行って閲覧してください。
申請書類が偽造であれば、無効と言えます。
また、本人の筆跡があったとしても、
認知症であれば、無効と言えます。
50年前の売買を理由に、2年前に移転登記されるのはおかしく、売買そのものもないと思われます。
無効な移転登記は、訴訟を起こして、抹消することができます。

2008年05月09日 15時48分

この投稿は、2008年05月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

認知症の親が書いた遺言は有効なのか…「遺言能力」とは?

遺産分割を行う際に相続人同士でもめないよう、親などに遺言書を書いてほしいと思う人もいるでしょう。では、親が認知症と診断されている場合でも、有...

この相談に近い法律相談

  • 義父の土地の相続を終えないうちに亡くなった夫の相続問題

    主人の父が一年前に死亡、主人には妹、弟がおります。2人共別世帯です。義父の土地に主人が家を建てて義父と私達家族で住んでいました。私と子供2人は主人と上手くいかずに5年程別居して、その間は主人と義父が2人でその家に住んでいました。義父が亡くなってから、今まで主人の兄弟で相続の話はなくてまだ土地は義父名義、建物は主人...

  • 家を出て行かなければならないか

    私を当事者としてその他の人物の関係を書かせていただきます。 ①何年も前に死亡した祖父名義の土地家屋権利証書(登記等も)はその後配偶者である祖母や子である父や伯母の誰かに名義を変更することもなくそのままにしてありました。 ②最近祖母が父に「名義変更をしなさい」と言って書類一式を譲り渡しました。 ③しかし父は先月名義...

  • 親の土地がなぜか親戚の名義に変わってました

    遺産についての質問です。 親の家が親戚にとられました。 登記簿を見ると、最近から父親と親戚で 所有は半分づつ。 父親が亡くなり、私と母親で4分の1づつ 引き継いでました。 そして土地を売るとは何も聞いてませんが、親戚に銀行に来てくれと言われ400万渡され父親の遺産と言われました。 400万受け取ったサインと印鑑を押させ...

  • 母名義の宅地と建物は母が居なくなったら誰の物になるのか?

    教えて下さい 夫の実家の事でお聞きします 実家は義父母2人暮らしです 夫は長男ですが、別に住んでいて 妹一人がいますが、近くに嫁に出てます。 実家の宅地と建物が母親名義になってます 20年位前に、義父が友人の保証人になり その友人が倒産しそうになった時に、急いで 母名義に変えました。 その他畑は父名義です...

  • 家屋の取得時効について

    父が亡くなって5年経ち、母が土地建物の名義をそろそろ自分の名前に書き換えようとしたところ、土地は父名義でしたが、建物がなんと曾祖父の名義になっていました。 曾祖父の相続人ということになると10人くらいいるようです。 父母ははこの家に35年ほど住み、父が亡くなったあと母が引き続き5年ほど住んでいます。父(次男)は生...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。