不動産登記事項証明書について

公開日: 相談日:2021年10月26日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
親族が亡くなり、資産の調査をしています。
リースバックの契約をして住んでいて、契約書も見たと別の親族から聞きました。しかし、法務局に出向き土地と建物の名義は亡くなった親族のものでした。
通帳にはローンの支払いも毎月ありました。

【質問1】
リースバックで住んでたのではなく、持ち家だった可能性が高いでしょうか。

【質問2】
登記簿はどのくらいの日時で変更などが反映されるのでしょうか。

1078686さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    三重県1位
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    抵当や売買予約等の登記も付いていないなら、持ち家だった可能性も高いでしょう。

    【質問2】
    放っておいては何も反映されません。相続登記の手続はご自分で(できないなら司法書士等に依頼して)しないといけません。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    弁護士が同意
    3
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    リースバックで住んでたのではなく、持ち家だった可能性が高いでしょうか。

    通常、リースバックなら、買主に所有権が移転します。
    もし、所有権が親族のものであれば、リースバックはなかったという可能性は十分にあると思います。
    だとすると、持ち家だった可能性もあると思います。

    念のため、乙区に何か担保が設定されていないか、ご確認ください。

    【質問2】

    登記簿はどのくらいの日時で変更などが反映されるのでしょうか。

    最近は早いです。
    早ければ、1週間から10日あれば、反映されます。

    ただ、リースバックなら、もっと以前に売買されていたのではないでしょうか。


    ご参考までに。

  • 相談者 1078686さん

    タッチして回答を見る

    先生方ありがとうございます。
    乙区の一番最後の欄には、土地、建物の両方が住宅信用支援機構でした。
    リースバック業者の名前ではなかったので、持ち家の可能性はますます高いという認識で大丈夫でしょうか。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    > リースバック業者の名前ではなかったので、持ち家の可能性はますます高いという認識で大丈夫でしょうか。

    なるほど。
    住宅信用支援機構で、その下に下線は引かれてませんか?
    リースバックの場合、住宅信用支援機構の抵当権は必ず抹消されます。
    リースバック業者が抵当権付の家を買う訳がないためです。

    これが抹消されていないと、リースバックは考えづらい→持ち家の可能性が高い、ということがいえると思います。

  • 相談者 1078686さん

    タッチして回答を見る

    齋藤先生
    ご回答ありがとうございます。
    特に取り消しの罫線はなく、平成の元号で終わっていました。

    相続物件が遠方で、
    親族の言う契約書を調査しにいく術がありません。
    個人の所有物として認識して次の行動に移しても問題は起こりにくいでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    そうですね、少なくとも、リースバックの可能性は低いように思われます。
    そもそも、不動産のプロなら、所有権を取得したら、真っ先に登記を入れるはずです。

    ですので、個人の所有物として、話を進められてもいいように思われます。
    ただ、もし可能なら、その話をしていた親族に、リースバックと考えた理由について、もう少し事情を確認されてみてもいいと思います。

この投稿は、2021年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから