登記簿謄本の甲区に仮差押の記載がある土地を担保に銀行からの借り入れ(住宅ローン)などは出来るでしょう

登記簿謄本の甲区に仮差押の記載がある土地を担保に銀行からの借り入れ(住宅ローン)などは出来るでしょうか?
※なぜ仮差押の登記がされたのか経緯は不明で、権利者は個人名義です。こちらに連絡しても音沙汰なしで、年齢的に亡くなられている可能性が高いです。
2018年07月02日 14時22分

みんなの回答

岡村 善郎
岡村 善郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県2
ありがとう
> 銀行からの借り入れ(住宅ローン)などは出来るでしょうか?
かような場合,直接,銀行担当者にローンが組めるかお尋ねになるのが早いと思います。
銀行は,登記記載のみならず貴方の信用状況から,貸付け可能か否か等々判断致します。

2018年07月02日 14時29分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 登記簿謄本の甲区に仮差押の記載がある土地を担保に銀行からの借り入れ(住宅ローン)などは出来るでしょうか?

仮差押登記だけでは、被担保債権額がいくらか判然としないので、住宅ローンは難しいと思います。
なので、相続人を調べて、抹消登記を入れてもらうか、時効援用するなどして、抹消登記請求訴訟を提起する必要があると思われます。

住宅ローンを理由する予定なら、早めに弁護士にご相談ください。

2018年07月02日 15時12分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1
ありがとう
> ※なぜ仮差押の登記がされたのか経緯は不明で、権利者は個人名義です。こちらに連絡しても音沙汰なしで、年齢的に亡くなられている可能性が高いです。
1.仮差押の登記には,債権者名と住所が記載されています。
2.登記所に登記原因書類が保管されているはずなので,所有権者として閲覧謄写をするなどして仮差押に係る情報を収集します。
3.原因債権が時効にかかっている可能性が高いので,そうであれば時効を援用して抹消登記訴訟を提起でしょう。

2018年07月02日 18時16分

この投稿は、2018年07月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

財産を隠されたとき・隠されないための対処法

離婚の協議に入り、財産分与について考える中で、相手に財産を隠されていないか不安になることもあるでしょう。ここでは、財産隠しによく用いられる方...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

この相談に近い法律相談

  • 建物の登記にある差押、の記載について

    ある建物と、その底地の登記の全部事項証明書を取得しました。 建物の「権利部(甲区)所有権に関する事項」に 「登記の目的 差押」という記載があり、 その原因欄にはとても古い日付で 「税務署差押、権利者(当時の)大蔵省」とあります。 その差押から数十年たった今も 「抹消」や「解除」といった記載が無いままです。 ...

  • 不動産売買 所有権移転の手続き寸前に仮差押の回避の仕方

    借金の非常に多い売主B(不動産売買価格の倍の借金をCにしている)から不動産を購入する場合、現在謄本には抵当権・差押などがありませんが決済日に司法書士が事前に仮差押・差押がないこと確認後を決済すると聞いてますが同日の寸前に売り主の債権者Cが仮差押の手続きが入った場合どうなってしまうのでしょうか?法務局は登記の順番...

  • 不動産売買契約後に仮差押命令が発行されました。移転登記できるのでしょうか?

    妻子とは別居をしております。 妻子は賃貸に住んでおり、私も別の賃貸に住んでおります。 結婚後に購入した100%私名義のマンションの売買契約を、マンション買取業者と5月7日にしまして手付金の100万円を受け取りました。 決済日は5月30日と決まりました。 5月25日、妻の代理人であるという弁護士からの簡易書留...

  • 不動産登記簿謄本

    不動産登記簿謄本の権利部に書かれている過去の権利者、また、仮差押登記などは消すことはできないのでしょうか?

  • 不動産登記簿謄本

    不動産登記簿謄本の権利部に書かれている過去の権利者、また、仮差押登記などは消すことはできないのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。