株式会社の登記について

株式会社の登記について

移転しているにも関わらず移転登記していない。
代表者の自宅住所も移転しているのに登記していないのは違法ですか?

どこか通報するところはありますか?
2018年06月13日 07時13分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
会社法上、会社の登記事項に変更が生じた場合、2週間以内に変更登記を申請しなければならないと定められていますので(会社法第915条1項)、登記をしていない場合には違法といえます。

登記は法務局で行われますので、管轄の法務局へ通報することが考えられます。

2018年06月13日 07時17分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
> 移転しているにも関わらず移転登記していない。
> 代表者の自宅住所も移転しているのに登記していないのは違法ですか?

登記は、変更すべき事項が生じた後、二週間以内に行わないと、登記懈怠となり,過料に処せられる可能性があります(会社法第915条第1項,第976条第1項第1号)。
この過料は、裁判所から通知が、登記簿記載の代表取締役の住所地に送られます。
今回は代表取締役の住所が移転しているとすると、会社に送られるかもしれません。


> どこか通報するところはありますか?

正式な通報制度はありません。
ただ、上記のように過料に処すにも代表取締役の住所地が変更されている裁判所も困ると思いますので、法務局にあらかじめ知らせておくということはアリだと思います。

ご参考までに。

2018年06月13日 07時34分

この投稿は、2018年06月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

上場株式を相続するときの相続税評価額を確認する方法

遺産の中に上場株式がある場合、評価額はどのように決めればよいのでしょうか?遺産の評価は、相続人同士の合意があれば、自由な額で評価できますが、...

【法定相続】遺言がなかった場合の遺産の種類と評価する方法

家族が遺言を残さず亡くなった場合、「誰が遺産を相続するか」だけでなく、亡くなった家族が「どのような遺産を残しているか」も調査する必要がありま...

遺言書がある場合の遺産の種類と遺産の価値を評価する方法

相続するとき、遺言書がある場合でも、どんな遺産が残されているのかを調べる必要があります。遺産の調査は「どのように遺産を探せばよいのか」「遺産...

この相談に近い法律相談

  • 自宅住所が会社登記されていた

    自宅が勝手に保険代理店本店として会社登記されていました。 店舗を構えてはいけない区域であり、家族の誰も保険業界とは無関係です。 他人の自宅住所を無断で架空の会社として登記するのは、犯罪ではないのですか 犯罪

  • 自宅が会社登記されていた

    H17年から26年8月31日まで、自宅が勝手に他人の会社として登記されていました。 自宅名義人(父)も知らなかったそうです。 その会社はもう消滅していますが、民事裁判か刑事裁判で争えないでしょうか。

  • 民法 不動産登記 不法原因給付

    Lがその所有地について、 債権者Mの差押えを免れるため、 Nと通謀して登記名義をNに移転したところ、 Nは、その土地をOに譲渡した。 Oがその土地をPに譲渡した場合、 PはOの善意悪意に関わらず、Pが善意であれば、Lに対し、所有権を主張することができる。 答えは○なんだけど、疑問があります。 第三者からの転得者が悪...

  • 登記の変更をしてない会社について

    売掛け金200万を払ってくれず、支払い督促を送達しましたが不在で返ってきたので代表者の住所に再送達したら、宛先不在で返ってきました。 住所の変更があった場合、登記の変更をしなくてもよいのでしょうか? 会社は、運営されてるので不郵便送達を上申しました。 ぬけぬけと会社を運営していることに腹がたってます。 登記変更し...

  • 登記の為、過去の未開催の取締役会議事録の作成(捏造)は、違法?合法に行うには?

    平成13年に会社名義の土地を、代表取締役社長が取締役会の承認なしに、社長本人と社長の別会社に売買(契約書は公正証書にしてある)したのですが、登記は会社名義のままです、登記をするために、平成13年の取締役会の議事録を作るため、当時、名目上、取締役だった私に印鑑証明と実印を求められています、過去の議事録を偽造するこ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。