条件付所有権移転仮登記の抹消について

A:以前の登記名義人(死亡)、B:仮登記設定者(死亡)、C:現在の登記名義人

AとBの間で農地法3条の許可を条件とする所有権移転仮登記がなされた農地を、Cが時効取得して所有権をCに移転しました。
Cはこの仮登記を抹消したいと考えていますが、仮登記がなされてから30年ほど経過している状況です。
どうすればこの仮登記を抹消することができますか?
また、抹消しなかった場合の弊害はありますか?

以上、よろしくお願いします。
2017年10月13日 17時40分

みんなの回答

中山 知行 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
CからB相続人に対する仮登記の抹消登記手続請求訴訟です。
行方が分からなければ公示送達です。
抹消しなくても,Cが自分で使用収益する分には問題がないと思います。
売買するときは問題になるでしょう。

2017年10月13日 18時41分

この投稿は、2017年10月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

親権を放棄したい場合の対処法

親権を取得したものの、海外出張や重い病気を患ってしまい、子どもを満足に育てることができない場合もあるでしょう。通常は親権の放棄は認められてい...

納骨の方法をめぐって親族で対立…遺骨の所有権は誰にある?

家族の誰かが亡くなった後、納骨の方法について意見が分かれることがあるかもしれません。そもそも遺骨は誰の所有物だと考えられるのでしょうか。お墓...

この相談に近い法律相談

  • 土地の時効取得による条件付所有権移転仮登記及び質権の抹消

    A:登記名義人、B:質権者、C:仮登記権利者、D:時効取得者 ①明治33年、Aの先祖とBの間で質権設定登記がなされ、その後Bが土地を占有した。 ②昭和44年、Aに相続する登記が行われた。 ③昭和47年、AがCに土地を贈与するということで条件付所有権移転仮登記がなされた。(農地法第3条の許可) ④昭和52年、DがBから土...

  • 時効取得による仮登記と質権の抹消

    農地を時効取得しようと訴状の準備を進めているところですが、対象となる農地の登記簿を見ると甲区の順位2番には条件付所有権移転移転仮登記 (条件は昭和47年贈与による農地法第3条の許可)が、また乙区には質権設定が登記されています。 訴状の請求の趣旨には、「被告は原告に対し、別紙物件目録記載の土地につき、○年○月○日時効取...

  • 共同名義物件の時効取得

    実家は、ある宗教関係の教会で、現在は父親(70歳)が責任者をつとめています。土地の名義は大正初期より関係者3名の共同名義となっており、うち1名の相続関係者とは密に連携できますが、残り2名の相続関係者全員を明らかにすることは困難です。その頃から祖父が移り住んで責任者を務めており、その後祖母、父親と代かわりしてます。...

  • 質権設定・条件付所有権移転仮登記された土地の第三者への所有権移転について

    A:質権設定者、B:質権者、C:私の先祖 AとBの間で質権設定し質権登記された土地(地目:畑)を、BがCに売り渡しました。 Cはその土地を現在に至るまで耕作していますが、固定資産税は払っていない状況です。 この度、その土地を農地転用して家を建てたいと考えておりますが、土地の登記簿上にCの名前はなく、所有権はAの...

  • 所有権移転請求権仮登記と予約完結権行使の関係について

    数か月前、友人から『僕が所有権移転請求権仮登記権者になっている知人の土地があり、僕が所有権を取得するつもりだったが手続きに問題がないので、この際君にその土地を譲りたい』との話がありました。 私は以前から友人にお金を貸していたので、貸金と相殺するつもりでその申し出を受けて司法書士さんに委任して所有権を取得しました...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。