権利証紛失のまま亡くなった母との生前贈与契約を登記したい

母と生前贈与の契約を締結しましたが、登記権利証を紛失しており、登記できないまま母は亡くなりました。
この生前贈与の契約を登記したいと考えておりますが、どう進めていったらよいでしょうか。

母との

実家について
・母が1/2、私が1/2で共有
・母の持ち分の登記済権利証…紛失
・母の持ち分の1/2について、私と私の息子に1/4ずつ贈与する契約を締結済み、登記は権利証紛失のため未実行
・この契約については、私の兄弟(兄二人)と円満に話がついており、特にもめてない(長兄は父の負債を受け継いでおり、自分に贈与されると実家を失うことになりまずいと思っています。次兄は、別の不動産を母から贈与されています)

相続について
・父の多額の負債を受け継いでいるため、3兄弟とも相続放棄したいと考えている

ということで、相続はしたくなく、生前贈与契約が有効であるなら、これを登記することで実家の権利を私たち親子のものにしたいと考えています。

今後どのように進めていったらよいかアドバイスをお願いいたします。
2017年05月01日 12時05分

みんなの回答

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
前回のご質問から、すぐのことでビックリしておりまます。
ご愁傷様です。

さて、ご質問の件ですが、ご兄弟で話がついているとなると、登記自体は難しいことではありません。
むしろ、問題となるのは税金の方だと思います。
また、贈与が、財産隠しとして、民法424条の詐害行為として取り消される可能性もあります。
この点、慎重に検討する必要があります。

手順としては、弁護士と税理士に相談される必要があると思います。
弁護士には、生前贈与が詐害行為にあたるかどうかの確認を、
税理士には、税金について確認してください。
その上で、大丈夫ということであれば、貴殿に亡母様の持分移転登記をします。
これは司法書士にお願いすることになると思います。
相続人全員が当事者となってすることになります。
この場合は、相続人について事前通知制度を利用するか、司法書士に本人確認情報を作成して
もらうことになると思います。
だた、本人確認情報の作成は有料で結構高いので、事前通知の方が
いいと思います。

ご参考までに。

2017年05月01日 12時35分

この投稿は、2017年05月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,813名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

この相談に近い法律相談

  • 相続(孫への贈与)

    友達が相続の問題で悩んでいます。パソコンが友達が苦手なので代理で質問させて頂きます。 私の祖母が亡くなりました。相続人は2人です。私は相続人ではありません。私は祖母から生前、土地や現金の贈与を受けました。祖母が亡くなった後に相続人の父親の妹がその贈与は嘘だと言い始めました。ですので、その贈与された分は遺産とす...

  • 生前贈与分の遺留分、法定相続分について

    不動産(住んでいた土地と家)と、預金通帳1冊を持つ父方の祖母が亡くなりました。 子供が2人いますが、そのうちの1人(私の父)は去年亡くなっているため、父の妹(私の叔母)と私(長女、一人っ子)の2人が相続人になります。 晩年の祖母は要介護で自宅療養でした。 同居して実際に面倒を見ていたのは私の母でしたが、義理の関...

  • ≪すでに贈与された不動産の取消しに関する相談≫

    ≪すでに贈与された不動産の取消しに関する相談≫ 認知症になった母親の財産保全に関してですが、20年ほど前に子供(長男)の借金の連帯保証人であったためにその返済請求による母親の自宅の差し押さえを避けるため、同居する3男家族へ贈与という形で権利者を分散しましたが、そのリスクが去り、また同居していた家族との確執があったため...

  • 祖父の保証人契約を知らずに相続した母。母からではなく父からの相続で、母の保証人義務は負うか?

    祖父が亡くなった際に母達兄弟が相続をしました。相続確定後に、祖父が連帯保証人になっていることが判明。もう相続後なので仕方がありません。その連帯保証の義務を、私たちに相続しないように、母は全財産を処分しました。母が亡くなっても資産がないので、相続放棄予定です。 母は今、父の預金で暮らしています。(生計を一にして一...

  • 慰留分

    祖父が遺言書を残してくださり、祖父の死後は私が祖父の財産を全て受け継ぐことになりました。祖父には子供が(自分の父も含め)二人います。父の子は自分含め3人です。 遺言書を開けた時におそらく父との間でもめると思います… 自分の父は、祖父から生前に得た現金等贈与が相当あるため、慰留分の申し立てをしても通らないだろうと公...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。