不動産登記

突然失礼します。相続問題で遺産分割協議書に印を強要され、相手はその後不動産名義登記をしてしまいました。その印の撤回をし公平に正しくやる為の対策を教えて下さい。
2011年02月26日 13時48分

みんなの回答

相談者
説明不足ですので追記します。法務局に相談しましたら登記抹消裁判をとの事です。私は相続人が他の相続人を騙した理由で、相手は相続人としての権利は無いと思います。正しい分割をされるべき。と思いますが方法と手順をお願いします。

2011年02月26日 16時38分

相談者
お忙しい中すみません。解決策を検討中です。数多くの方の見解を参考にしたい為宜しくお願いします。

2011年02月27日 08時19分

弁護士A
ありがとう
強要されたことを証明する必要があります。

かなり難しい裁判ですので、弁護士に依頼した方が良いでしょう。
依頼しても、強要されたことの立証は困難だということはあなたも分かるでしょうから、過度に期待しないでくださいね。

2011年02月27日 09時39分

相談者
ご回答有難うございます。裁判は証拠が重要ですし難しい問題です。でも素人なのでこのままでは納得でき無い為、相手が認め解決するまで裁判は何回でもするつもりです。身内からの不条理な扱いされる理由が無い為、筋を通し相手が謝罪するまでは方法を考え続けます。勿論弁護士依頼し裁判になりますが、私はやる気満々ですので対策があれば何でも良いですから教えて下さい。

2011年02月27日 10時39分

弁護士A
ありがとう
解決策としては、裁判ではっきりさせるしかありません。
今あなたのやるべきこととしては、お願いする弁護士さんにどのようなことがあったのか、詳細に伝えることです。
メモを自分で作っておいた方が良いでしょう。

2011年03月14日 06時52分

この投稿は、2011年02月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,826名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

不動産や美術品・骨董品などを所有している人におすすめする4つの相続対策

不動産や美術品・骨董品などは価値が人によって異なるので、評価額を決めるのが難しい財産です。このような財産を所有したまま亡くなった場合、相続人...

遺産分割前の不動産の固定資産税は誰が支払う?弁護士Q&A

相続が発生してから遺産分割の手続きが終わるまでには一定の時間がかかります。相続財産の中に不動産がある場合、遺産分割の手続きが終わる前に固定資...

相続財産をどう分けるのか…失敗しない「遺産分割協議」の進め方

いざ相続がはじまった時に、遺言がなかった場合には、相続人同士の話し合いで「遺産をどう分けるか」を決めていきます。この話し合いを「遺産分割協議...

相続人の中に行方不明者が…遺産分割をどうやって進めればよい?

相続人の中に、連絡がつかない行方不明者がいる場合、遺産分割の話合いをどうやって進めればよいのでしょうか。こうした疑問について「[みんなの法律相...

この相談に近い法律相談

  • 不動産の相続登記について

    遺言書なし、遺産分割協議書なし、相続放棄はしていません。 昭和24年ごろに、相続人が複数いるのに、相続人の1人が、他の相続人を無視して、法定相続分を超える不動産の相続登記をしました。 どのように、相続登記をしたと考えられますか? また、法務局には、登記申請書と、不動産の相続を証明する根拠が残されているのでしょう...

  • 遺産分割協議書の有効性と遺産分割について

    お忙しいところお世話になります。 1.親族に虚偽の説明をうけて、時間がない信じろと実印と印鑑証明を持っていかれ、いつのまにか遺産分割協議書が作られ不動産登記に使われてた。ただしその遺産分割協議書には、署名、捺印、相続人が各自1通所有との記載あるが、当然署名ではなく記名のみ(法務局は、本文には署名とあっても記名...

  • 相続登記と凍結口座解約の順序について

    遺産分割協議書は、不動産登記用の協議書と、遺産分割全般の協議書の2種類があります。 理由は、登記に関しては法定相続人以外にも同意が必要な方がいる事例のためです。 この場合、不動産の相続登記のみを先に行い、その後に凍結口座の解約や分配を行う事は可能でしょうか?

  • 生前贈与 遺産分割協議書

    質問(1)相続開始時、会社経営父親の自社株が有るのは分かっていましたが、相続時何株有るとか生前贈与をしたとか、全く説明も無く株の事は相続されないと思っていましたが、相続対象と知り相続開始から8年経ちましたが、生前贈与を後妻がした事を1ヶ月前に初めて知りました。遺留分減殺請求は可能ですか。 質問(2) 遺産分割協議書も最...

  • 相続、登記、外国人について教えて下さい。

    不動産登記について。 父が亡くなり不動産を売ることになりました。 父は朝鮮国籍で日本に帰化しておりました。 今回不動産を売るに当たって司法書士の先生に外国人登録原票が必要だと言われましたが、廃止された制度なのに必要なのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。