宗教法人の所有する土地の帰属(檀徒代表者が登記名義人)

宗教法人Aは、戦前から農地を所有していたところ、戦争後に自作農特措法による政府による買収と政府からの売渡が行われた。
その後、住職が所有者として登記され、その住職の死去により息子が遺産相続し、所有者として登記されたが、息子は住職に就かなかったので、Aの檀徒の代表者[複数の農家]に所有権が移転され登記された。その後、檀徒の代表者らの死去によりその子らの名義で登記されてきた。
当該農地を含む一帯で県営土地改良事業が行われ、前記の農地の一部が県道用地として売却された。その代金が、登記名義人である檀徒の代表者ではなく土地改良組合に支払われたが、その組合の理事Bが代金の一部だけしかAに支払わないのでAがBに対し残額を支払う様、請求したが、Bは応じない。
更に、Aは、登記名義人である檀徒の代表者に対し、“Bを被告とする残額支払い請求訴訟に、原告として共に参加するよう”請求したが、応じてもらえない。
Aは、登記名義人である檀徒の代表者を被告として、「従前地の所有権を有することを確認する。との判決を求める。」ことができるか?

2016年04月24日 22時53分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
請求すること、訴訟提起すること自体は可能ですが、Aが真実の所有者であることを証明しなければ、勝訴することはできません。

証拠が重要になってきますので、関係する資料をできるだけもって、まずは弁護士に直接相談されることをお勧めします。

2016年04月25日 06時41分

相談者
黒岩弁護士 様
ありがとうございました。できれば下記について教えてください。
①参考書(雑誌を含む)
②参考となる判例

2016年05月04日 11時14分

この投稿は、2016年04月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地売買契約後に売主が死亡した場合の対応について

    (背景) 現在、事業目的で土地を取得しようとしております。 当該土地の地目は農地であり、農業目的ではないため、農地法第5条の許可を要します。 土地売買契約締結後、土地代金の支払いと引き換えに、農地法第5条許可を停止条件とする所有権移転請求権の仮登記を行います。その後、農地法第5条許可に至ったら所有権移転登記手続...

  • 所有権移転請求権仮登記について

    農地の仮登記売買についてですが、所有権移転請求権仮登記の時効の問題ではなく、時効成立における契約解消は成立しないのでしょうか。 問題提議 甲は乙の農地を購入する話に乗り、市街化調整区域の解除をまって所有権移転登記をする所有権移転請求権仮登記として500万を乙に支払った。 市街化調整区域の農地を買う場合には...

  • 農地の売買 仮登記

    1980年にAはBから市街化調整区域の土地を買いました。 権利移転は宅地になってからということで仮登記だけすませました。 現在、未だ土地は宅地になっておらず、登記は仮登記のままです。 農地法上の許可申請協力請求権が時効消滅しているとしたら、 Aが1980年の契約時に支払った金銭はいったいどうなるのでしょうか? 又、Aは...

  • 農地所有権に関する判例

    条件付所有権移転登記仮登記権利者は農地法第5条許可(届出)を取得しなかった場合、土地代金払ったでも所有権は農地売主に帰属するの判例はありますか?教えて下さい。

  • 墓地経営の許可についての市長の権限に関して

    墓地の経営についての許可に関しては、市長は申請者が申請に必要な書類等全ての条件を満たしたとしても、その裁量により許可をしない、ということも許されるのでしょうか? 第十条  墓地、納骨堂又は火葬場を経営しようとする者は、都道府県知事の許可を受けなければならない。 2  前項の規定により設けた墓地の区域又は納骨堂若...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。