不動産登記に関して。この司法書士、法的に詐欺の共犯では?

実家は、母と祖母名義の土地がある事を隠し、何の説明もないまま、私に、父と祖父の仮登記抹消に使用目的と嘘をつき、印鑑証明を3枚取るよう指示しました。私は、疑いもなく3枚渡しました。すると、実際本当に必要だったのは、母と祖母の名義の土地を、実家の一人に名義変更する目的だったのです。何度拒否しても、遺産分割協議書に印を押せ。と実家は凄み、怖くなり押す破目になりました。すぐに、実家の代理人の司法書士に、騙された。印は本意じゃない。押すのは嫌だ。と説明。その後、司法書士に確認すると、あなたが押したくない。と言うので、そのままにしてあります。との事だった。ところが、実家では書類を返してくれない為、悪用されないように、法務局に相談。登記不受理届けをした。ところが、この司法書士は、それを登記申請に来たのです。私は、司法書士に意見を言いましたが、申請しただけです。と言っていながら、登記官には、詐欺ではない。ボタンのかけ違いだ。と言い、強引に登記されてしまいました。何の為の不受理届けか。この司法書士、事実関係を知ってるのに、この行動?私も登記官に、直接事実を説明し、止めてください。と言ってるのに。この時私は、法務局に、さらに何か書類手続をすべきだったのでしょうか?この司法書士、法的に詐欺の共犯では?納得出来ません。
2010年09月19日 12時25分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
誰の相続について、誰がどのような目的で、どのような内容の遺産分割協議に署名・捺印を迫ったのか、どのような登記がされたのか、などの事情がないと判断はできません。考えられることとしては、まず、できるだけ早い時期に、遺産分割協議が錯誤無効であること、あるいは詐欺ないし強迫により取り消す旨の内容証明郵便を協議者全員に送ること、司法書士に対しては、司法書士会で懲戒処分の相談をすること、法務局に対しては、抗議の内容証明を送ること、そのうえで無効な原因に基づく抹消登記ないし真正な登記名義の回復を原因とする移転登記請求の裁判を起こすこと、法務局に対しては国家賠償請求訴訟を提起すること、司法書士に対して損害賠償請求訴訟を提起することなどを検討すべきでしょう。お近くの弁護士に相談してくだい。

2010年09月19日 12時38分

この投稿は、2010年09月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,795名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

この相談に近い法律相談

  • 土地の登記に関して

    亡き父の遺産分割の時、実家では、亡き母、亡き祖母名義の土地を隠し、印鑑証明を3枚取る様、私に指示しました。疑う事も無く渡すと、本当に必要だったのは、母、祖母の土地の名義変更に使用目的だったのです。何度も押印を拒否しましたが、立ち上がって騒ぎ、怖くなり印を押す羽目になりました。その後、実家代理人の司法書士に説明。...

  • 司法書士の行なった行為について

    私の兄が遺産分割協議書を偽造して、ある司法書士に苦情を申しあげました。苦情内容は遺産分割協議書を見れば一般人でもおかしいと思われる内容の協議書に対し、その司法書士はおかしい点は見当たらなかったため、遺産分割協議書通り兄が2億円ほどの価値のある土地を祖母名義から所有権移転登記をしてしまいました。 私はある県の司法...

  • 遺言執行人の介入について

    亡き父の遺言書があった。と実家では私に見せもしない相談もしないうちに、勝手にA司法書士に調査依頼しました。後日公正証書遺言書とわかったが、すでに土地不動産の名義変更の登記済みで、届いた報告書の全財産は不明でした。そこでA司法書士に財産目録の開示を何度言っても、同じですからというばかりで、今だに全財産確認できず納得...

  • 不動産移転登記について

    共有の土地を処分するにあたり、他人に登記移転(先方)を検討していました。そのうち共有の一人に先方(登記先)と先方の知り合いの司法書士(実在するのかやりとりをしたことがないので不明)との手続きを任せていたのですが、 司法書士からは何も提示されておらず電話でのやりとりも一切なく、契約も何もしていないにも関わらず、ま...

  • 亡くなった祖父の財産の手続きした司法書士の説明が嘘だった。

    質問よろしくお願いいたします。 昨年、祖父が亡くなった際、相続財産の関係の手続きを行っていた司法書士がいるのですが、私は代襲相続人です。 しかし、私の父親が祖父に多額の借金があるのを隠す為、意図的に亡くなった連絡を私にしませんでした。 祖父が亡くなったことを知ったのは、半年後だったのですが、すでに相続の手続きは...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。