公開日:

土地 登記方法

2014年02月09日
平成8年当時区画整理中の新築一戸建の家を購入致しました。数年後に新たに色々な登記をしなくてはならない事を知らされました。その内容として①所有権登記名義人表示変更登記②土地の分筆登記③共有物分割による持分全部移転登記④担保の抹消登記⑤担保の債務者の住所変更登記⑥担保の効力を所有権全部に及ぼす変更登記 をする必要があるらしく①、②は平成16年2月にどうにか済んでいる状態です。しかし③~⑥の登記は今現在も私以外の共有者(私含む8件10人で423㎡土地と飛地で150㎡位の土地を共有状態)の同意が得られない状況で何も進んでおりません。私は既に住宅ローンは完済しております。
以前から共有者全員の同意がないと登記ができないと言う事は聞いておりますが、私の家の分だけでも何とか登記を進める方法はないのでしょうか?
相談者(232078)の相談

みんなの回答

池田 伸之
池田 伸之 弁護士
ありがとう
土地の分筆は終了し、各人の所有地の範囲は明確になっているが、所有権の登記については、共有状態ということだと理解しますが、現状、あなたの土地についても、あなただけでなく、ほかの9人の方の共有持ち分もついているとなると、その方たち全員の同意がないと、あなたの単独名義にはならない、と思います。

2014年02月11日 16時42分

この投稿は、2014年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

この相談に近い法律相談

  • 重要事項説明書 記載ミス

    先日、新築の家を建てる為に土地の売買契約をしました。その際、重要事項説明書には宅地内に水道の引き込み有と記載されていたのですが、売買契約後に仲介業者から記載した事項は誤りでしたと連絡がありました。 この場合、売主や仲介業者へ宅地内に水道の引き込み工事をする様請求できるでしょうか?

  • 建物買取請求行使の可否

    昭和40年代に土地を借りその上に建物を建築しています。借地契約書は、存在しません。この度、借地契約を解消するのですが、建物買取り請求は、できないものでしょうか?できるとしたら、いつ位に契約解消すれば建物買取請求できるのですか?

  • 開発許可 枡位置変更

    とある土地を買って家を建てることにしました。30区画以上のまだ造成中の土地です。土地の西面に南北道路の土地です。間取りを考える中、北面にトイレ、風呂、洗面所、台所を作ることにしました。しかし、公共桝、水道メーターは一番南に付く予定なので、道路際の北に移してほしいと言ったら、無理ですのこと。開発申請の許可の変更は可...

  • 住宅購入時の説明について

    去年 築22年の中古の戸建物件を購入しました。 今月 確定申告で住宅ローン控除を申し込もうとしたら「耐震基準適合証明書」が無いため控除を受けられないと言われました。 この「適合証明書」は物件購入前に審査を受けないと購入後では もう発行できないそうです。 結局10年分の控除額を丸々諦めるしかありません。 説明を不動産...

  • 土地売買取引でのトラブルについて

    半年前に市街化調整区域の既存宅地を一筆購入しました。空き家も残っていたので土地購入費とは別に仲介業者へ支払い、解体した後に土地を購入しました。この際、土地の売買契約書に署名しましたが、重要事項説明書自体はありませんでした。 3か月前、購入した既存宅地の土地の中に、もう一筆「田」が入ってあることが判明しました。...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。