不動産登記

現在、主人の方から離婚裁判を起こされて裁判の日時が決定しました。私はパートで貯金も無くやむおえず法テラスの弁護士費用立て替え制度を使うことになりました。今は実家に住んでいます。その際に実家の不動産登記事項証明書が必要なんですが建物は父親のものなのですが土地は借地です。その場合でも、土地の不動産登記事項証明書も必要なんですか?
2013年02月05日 12時56分

みんなの回答

奥田 真与
奥田 真与 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道4
ありがとう
法テラスの援助を受けるには、資力要件についての審査が必要です。法テラスの事務所によって扱いが違っているかもしれませんので、お申し込みした法テラスに直接確認して下さい。

2013年02月05日 13時47分

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 山口県1
ベストアンサー
ありがとう
市役所の固定資産なし、という証明でもよろしいと思いますが。
要するに、扶助の必要がないほど財産があるかどうかという判定材料ですから。

2013年02月05日 13時55分

この投稿は、2013年02月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

ローンのない不動産の財産分与方法

結婚している間に貯めた預金や、手に入れた不動産、車などの財産は、一方の名義になっているような場合でも、夫婦が共同で所有する財産(共有財産)と...

財産目録の作り方と不動産の価値を評価して相続税が生じるか判断する方法

あなたが遺言を残さずに亡くなった場合、家族が相続の手続きを進めるにあたって、あなたの財産の内容を全て把握する必要があります。あらかじめ財産を...

この相談に近い法律相談

  • 被保佐人の方からの居住用不動産の購入

    被保佐人の方から自宅(居住用不動産)を購入予定です。私は、家庭裁判所の許可が必要だと理解していたのですが、仲介業者(不動産屋)は、保佐人の同意があれば家庭裁判所の許可は不要だと言っています。どちらが正しいのでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

  • 登記簿と農地転用が必要な土地か否かの判断について

    登記簿を見ただけで農地転用の許可が必要な土地か否かは判断できるのでしょうか?

  • 公正証書のコピーでの土地売買

    第三者が、私の公正証書のコピーを使用して、私に無断で土地の登記が可能でしょうか。 父が寝たきりになる前に、不動産をはじめとしたすべての財産を管理できる公正証書を作成しました。その後自宅の土地の一部を分筆売却する事態が発生しました。「お父様の代わりに契約できるかどうかを確認したい」と土地の開発会社の申し出があり、...

  • 共同資産の不動産売価について

    所有権移転の登記申請書類に実印と、添付書類としては印鑑証明や権利証が必要となると以前の弁護士回答頂きました。 本人確認が出来なければ勝手に売却は出来ませんよね? 宜しくお願いします。

  • 物上保証による抵当権設定仮登記及び条件付き賃借権の抹消手続きについて

    物上保証による抵当権設定仮登記及び条件付き賃借権仮登記の抹消について。 最近になって発覚したのですが、叔父名義の不動産に父が債務者となり、抵当権設定仮登記と条件付き賃借権仮登記が設定されていました。父親名義の不動産にもあったのですが、権利者が所存不明なため民事裁判を起こし抹消手続きをしたのですが、このケースは、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。