強制執行、断行を行った時、被告が居座った場合

公開日: 相談日:2023年01月21日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
建物収去土地明渡し請求をし、勝訴して被告が土地を明け渡さず強制執行、断行を行う。

【質問1】
強制執行、断行を行うため執行官が現地に行き、それでも被告が土地内に強引に居座った場合はどうなるのですか?土地を明け渡してもらえないのか?

【質問2】
執行官が強制執行、断行をしても居座った場合、どのような対策をすればよいのですか?

1220488さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府1位
    タッチして回答を見る

     居座る現実的なリスクがある場合でも、基本的に執行官へその旨の情報提供をした上で委ねれば大丈夫です。
     執行官は警察の助力を受けることも可能ですので、対策は必要に応じて執行官が手配するか、貴殿へ指示・助言等する見込みです。

  • 弁護士ランキング
    奈良県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1 執行官は、明け渡し断交する際、実力で居座り人を排除したうえ土地を執行官の占有にしたうえその占有を債権者に引き渡します。

    2 この占有排除に対して居座り人が実力で抵抗したとき、それは公務執行妨害罪となり、私人による現行犯逮捕することもできますが、そのような居座り人の実力抵抗が予想される場合には、予め警察官の立ち合いを求め、執行官に対する公務執行妨害がなされた場合には警察官が、現行犯逮捕して、土地を債権者に引き渡すことになります。

この投稿は、2023年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました