飲食店舗の立ち退き費用について

公開日: 相談日:2014年10月20日
  • 1弁護士
  • 1回答

小さな飲食店を3店舗経営してます。そのうちの本店が営業して12年になりますが建物の老朽化(築50年位)を理由に大家様から立退き料200万で立退き要求を受けました。
年間700万~1000万の利益を生み出す店舗で立退き料が200万では到底納得できないので私は5000万なら立退いても良いと返答しました。すると、内訳を教えてほしいといわれました。私は利益の5年分くらいとざっくり考えていた程度です。

内訳は下記のようなものがあるでしょうか?

・退去してから次の店舗が見つかるまでの期間の損失(正直どの位の期間で見つかるか解りません。1年~2年?)
・新しい店舗の取得費用(敷金・礼金・仲介手数料)
・新しい店舗の内装・設備費用
・今までの顧客を失うことのの損失(どうやって計算すればよいでしょう?)

他にも何か項目があれば教えてください。
弁護士さんにお願いする場合、どのタイミングでお願いすべきでしょうか?
早いほうが良いですか?

よろしくお願い致します。



292015さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都10位
    タッチして回答を見る

    新しい店舗の取得費用と内装設備費用(これらはまとめて初期費用と呼ばれるものと思います)を請求されるのは良いと思うのですが、次の店舗が見つかるまでの損失と今までの顧客を失うことの損失は営業補償としてひとまとめに考えられるべきものと思われます。更に、今までの顧客を失う一方で、新規の顧客を得ることも当然ありうるので、算定がほぼ不可能なこともあり、既存顧客の喪失については独立して言うのは難しいと思われます。
    そのため、営業補償については過去実績と既存店舗閉店後、新規店舗開業までに要する期間(+軌道にのるまでの期間)を基礎に考えるのが良いと思われます。
    初期費用についてはあげられたもの以外に、雇用関係や宣伝・広告関係で必要はものはないでしょうか。その他、行政への届け出関係に要する費用など。

    弁護士にご依頼されるタイミングは、交渉をされていて、これ以上はご自分での交渉は難しい、もしくは交渉が煩わしくなったと感じられた時で良いと思います。

この投稿は、2014年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから