建物明け渡し訴訟におけるライフライン停止措置について

公開日: 相談日:2017年04月23日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

建物の明け渡し請求訴訟を検討しています。

相手は不動産名義人の再三の勧告に応じず、半年が経過しており、
昨今、内容証明郵便による2週間以内の明け渡しを勧告しました。

明け渡し期限以降は、電気・ガス・電話・プロバイダのライフライン使用料金は、
不動産名義人の銀行口座からの引落しとなります。
そこで、このライフラインの使用については、期限までの明け渡しがなされなかった場合、
即時停止しても良いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

544638さんの相談

回答タイムライン

  • 後藤 栄一 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    この場合、ライフラインの名義人は不動産所有名義人ですが、ライフラインの使用者は賃借人であることになります。もともとの賃貸借の内容として建物使用の他にライフラインの使用が含まれていたことになりますので、これを賃貸人の都合で停止すれば、賃貸人の行為で賃借人の生活利益を害したことになり、賃借人への不法行為になる可能性があります。
    但し、貴方が賃借人から使用料を受け取れない等の結果としてライフラインの料金を支払うことが出来なくなり、その結果としてライフライン提供会社によりライフラインが停止された場合は貴方の責任ではないことになるでしょう。

この投稿は、2017年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから