旧借地法適用の建物が建っていない土地の明け渡し

約50年以上前から土地を貸している底地主です。旧借地法の適用だと思いますが、契約書など一切ない状態で私の父が土地を貸しておりました。借地人は約22年前の阪神淡路大震災の時に建物を取り壊し、その後、父との口約束で簡易倉庫や駐車場として利用されて現在に至っております。なので約22年間程、建物が建っていない状態です。この度、土地の売却等を考えているのですが、第三者には対抗要件は無いと思いますが、できればまず土地を明け渡してもらいたと思っております。そこで、

1.建物が20年以上建っていないので、借地借家法は適用されず、借地権も消滅しているとして、土地の明け 渡しをお願いすることは可能か。
2.調べると、建物の登記がされたままになっていたのですが、今後明け渡してもらう際に問題になるのか。

できれば登記の抹消等、揉めることなくスム-ズに話し合いを進めたいと思っておりますので、最低限の知識をつけたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
2017年01月27日 13時00分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
> 1.建物が20年以上建っていないので、借地借家法は適用されず、借地権も消滅しているとして、土地の明け 渡しをお願いすることは可能か。

解約申し入れは可能かと思います。

> 2.調べると、建物の登記がされたままになっていたのですが、今後明け渡してもらう際に問題になるのか。

事実上明渡には問題にならないでしょうが、土地の処分や新たな賃貸時などに問題になるでしょう。

2017年01月27日 13時17分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
旧借地法2条により、解約を申し入れることは
可能と思います。

建物の登記につきましては、滅失登記をする必要が
あります。
これは、借地人の方にご協力いただければ、特に難しい登記ではありません。
建物の登記が残っていると、土地の売却に支障が生じます(具体的には、売りたくても売れない可能性が生じます)。

特にトラブルになっていないのでしたら、
話し合いを申し入れて、協議されてみてはいかがでしょうか?


2017年01月28日 21時36分

この投稿は、2017年01月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,701名の弁護士から、「建物明け渡し・立ち退きに注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 門と登記と違う建物の存在

    建物の賃貸借契約で賃料未納・延滞金未納のまま20年が過ぎ 建物の所有権登記がされていなかった為 職権で所有権が賃借人のものとして登記されてしまいました。その後さらに20年が経過したため借地権の時効取得が成立してしまうと思いますが土地の契約不存在なので何坪をいくらで貸すのか決めておりません。 地主の土地にさらに家族名...

  • 借地権が一部ついた土地に建っている自宅の立て直しの件です。

    借地権に関するご相談です。 他界した父より築100年以上を経過した土地・家屋を相続しました。現在はそこに高齢の母親と住んでいます。土地の一部(全体の25が近所のお寺からの借地となっており、契約上寺の承諾がなければ、本件建物を増改築し、または再築することができないとなっています。この契約は20年契約の借地権が5年前に満期...

  • 不動産の使用貸借と土地の文筆について

    現在、相続によって得た土地を所有しております。 この土地には別名義の、事業ができる建物が建っています。 土地は使用貸借状態のまま相続しています。(紙媒体の契約書などはない) 土地の三分の一に建物が建っており、残り三分の二には建物等はなく、ただの広場です。 建物の持ち主とは建物の撤去で揉めている状態です。 ...

  • 土地賃貸借契約 解除に対して

    定期借地契約で複数の土地所有者から土地を借り、その一部に建物を建てました。 契約後しばらくして、もったいないので空いている土地に新たに別の建物を建て第三者に賃貸しました。 土地を借りた時の契約では、建物増築あるいは土地区画形質を変える時には土地所有者の事前承諾がいることになっており、これに反すると契約解除できる...

  • 借地権。2年程前?

    下記の件で相談したくお尋ね致します。昨年6月に父親が亡くなり、以前自営で借りていた借地(44?建物:木造2階建て昭和29年自築)に店を構えて住んいましたが、その後空家になり10年前、本店廃業の際に商品をそこに運び込み倉庫として利用していました。2年程前?父親に地主より明渡しの要請があり、それを私が引継ぎ、今はとりあえず商品の...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。