立退きの合意書について

公開日: 相談日:2012年11月28日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

今年の初秋に立退きを宣告されました。
契約期間は約1年残っています。

大家からは、年内に出ていって欲しいと言われていました。
色々と交渉して、来年の5月までは居れることになり、
合意書にサインすれば、迷惑料も多少頂けることになりました。

合意書の内容について質問です。
内容を確認したところ、「明け渡すことなく、期日を過ぎた場合、迷惑料は一切支払われない」と明記されていました。

もちろん、期日までに退去することは同意するつもりですが、
契約満了より約半年も早く出ていくのに、このような内容の同意書は問題ないのでしょうか。

せめて、延滞料などに変えてほしいと思い、大家に問い合わせても、
迷惑料出すのに文句言うなと言われています。

このまま、判を押すか迷っています。

ご教授ください。
よろしくお願い致します。

152267さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    タッチして回答を見る

    本来解約申し入れをする場合には6か月前の通知と 家主の事情借家人の事情を考慮して立ち退き料が支払われます。金額についてはあなたが納得されたのですからあえてそれ以上申せません。

    立ち退き期間を過ぎた場合の処理について裁判所の和解でも 立ち退き料を支払わないという約束もありえますし あなたがおっしゃるように 賃料より高い例えば賃料の倍額の賠償金を支払うとして立ち退き料の支払いはそのままとする場合の両方があると思います。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    立ち退きの理由にもよるのですが、賃貸借契約の中途解約による立ち退きの場合、交渉の主導権を持つのは店子側(賃借人側)で、多くの場合、引っ越し費用等から計算された「立ち退き料」を受領することができます。
    したがって、あなたが迷惑料の金額も含め、立ち退き条件に納得できないなら、居住しつづければ良いと思います。一方で、迷惑料の金額があなたにとって魅力的なものであるならば、貸し主側としては、その期日までに退去してもらうご褒美として迷惑料を払うのです(絶対に期日を守って欲しいということ)。したがって、迷惑料の金額如何ではありますが、大家の要求が的外れとはいえません。
    あなたが、交渉を白紙に戻すことは可能ですが、紛争が継続することにはなると思います。

この投稿は、2012年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました