マンション管理規約の中の物品という表現に、人以外を含む、という解釈は無理ですか

マンション管理規約の中の条文に禁止事項として、共用部分等の不法占有
および共用部分等に物品を放置することとあります。
駐車場ではない共用部分に駐停車する自動車を、上の条文の物品にあたる
として駐停車禁止を言い渡すのは、法律的に無理なのでしょうか。
ちなみに、他の条文では専有使用権のない共用部分等においての駐停車は
事前に理事長の承諾を得る必要がある、とあります。
どう解釈してよいのか、困っています。よろしくお願い致します。
komatanahさん
2015年12月15日 04時38分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
その物品に入れる解釈も考えられますが、駐停車は理事長の許可が必要となっていますから、許可がないのであれば、その規定から規約違反だと主張していくことは考えられますね。

2015年12月15日 04時50分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
「専有使用権のない共用部分等においての駐停車は事前に理事長の承諾を得る必要がある」
とあるので、許可があるかどうか次第でしょう。

この質問上に記載されている文面だけを見る限りは、「禁止事項として、共用部分等の不法占有および共用部分等に物品を放置することとあります。」との規定より上記の規定の方が優先するでしょう。

2015年12月15日 06時16分

komatanah さん (質問者)
大変ありがとうございました。よく分かりました。
理事会が、共用部の臨時駐停車を基準を示してその基準に満たない車は
駐停車禁止としたのですが、理事長の承諾を得る必要という規約とは
異なるとして、規約変更が必須だとする意見もあり、どう対応した
ものかに困惑して、法律的な見解はどうなのかお尋ねした次第です。
やはり、暫定的とはいえ、基準外の駐車禁止は規約変更が必要なの
でしょうか。

2015年12月15日 08時12分

この投稿は、2015年12月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • マンションの自転車置場の2台使用者契約取消について

    現在、新築で購入した分譲マンションに入居し11年目となりますが、自転車置場使用細則に以下の記載があります。 自転車置場を使用していない居住者等が1台目の自転車置場の使用を希望し、自転車置場に未使用区画がない場合は、管理組合は、2台以上使用している登録者の中から、次の各号に従い自転車置場の使用を取消すものとする...

  • 駐車場の又貸しについて

    マンションの管理人をしております 当マンションでは、1世帯につき1台分の駐車スペースを提供しておりますが、2台目の駐車場を希望する方がいます。一方で車自体を保有せず、駐車場の使用権利を保有しているものの、ほとんど使用していない世帯もあり、駐車場には空きスペースがある状態です。 現在の駐車場契約では、契約内で「又...

  • 公営住宅の駐車場について

    【質問】 1.公営住宅の施行規則や設置管理条例などで駐車場の 使用条件が「自家用自動車」と規定されている場合、 たとえ入居者の車両でも個人タクシーや貨物の軽トラック などの事業用自動車に駐車場の使用許可は下りないと 法的には解されると考えてよろしいでしょうか。

  • マンションの管理規約変更が必要でしょうか

    現在、マンションの管理規約に専用使用権の認められない共用部の 駐車場でない場所の駐停車について、事前に理事長の承諾を得なければ ならない、と記述されています。 このたび、管理組合の理事会が基本的には駐車禁止とする通知を全戸に 通達しました。 これに対して、住民の一部から「駐車禁止は明確な規約違反」との声が 上が...

  • マンションの重要事項説明書の記載について

    マンションの駐車場に関する質問です。 【重要事項説明書の駐車場等の使用者等について】 の条項に下記、記述があります ---- ①駐車場を使用できる者は、本物件に居住する区分所有者(同居人・占有者を含む)である。 ②物件引渡し当初の駐車場等の使用者の決定については、売主の定める選定方法により行う。 ---- ところが、未...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。