1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 近隣トラブル
  4. マンション
  5. 新築分譲マンション購入の納期遅れについて

公開日:

新築分譲マンション購入の納期遅れについて

2015年12月14日
来年3月末に建設予定の分譲マンションを購入する為に今年の8月に契約を結びました。

そしたら昨日売主から連絡があり、施工会社の職人不足で納期が1ヶ月遅れると言われました。

この状態で下手な事は出来ないのでご了承下さい。つきましては書面で皆様にお送りしますという事でした。

契約書には引渡し開始日は28年3月30日とします。ただし、天災地変、天候異変、経済情勢の急変、行政指導その他やむを得ない事由により遅延する場合には売主は買主にその旨を通知し、買主は異議の申し立て及び損害賠償の請求をしないものとします。
とあります。

今回の問題の職人不足というのは、どれにも当てはまらない気がしております。

私が請求したいのは二点あります。
・その間、現在契約している賃貸マンションの家賃を支払う期間が増えてしまう。
・期が変わる4月なら保育園の入園が出来る可能性が高いのですが、5月になると
ほぼ確実に入園は出来ない。

といった点です。

非常に困っております。アクションとしては正式な書類を待ってからと
思っておりますが、損害賠償等は認められる可能性はありますでしょうか。

よろしくお願い致します。



相談者(408459)の相談

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
損害賠償等は認められる可能性はありますでしょうか。

約束と違うのであれば、可能性はありますよ。
契約書に違約金(損害賠償の予定)が書いてある場合もあります。

2015年12月14日 10時57分

相談者(408459)
契約書を見てみましたが、私が契約不履行をした際の違約金は記載がありましたが、買主が売主に対しての違約金については記載がありませんでした。

2015年12月14日 11時05分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ありがとう
「施工会社の職人不足」という事情が契約書の「やむを得ない事由」に該当するとする解釈には無理があると思います。

本件では,引渡が延期されたことにより負担が増加する賃料相当額については問題なく請求できる事案ではないかと思いますし,売主もその程度は覚悟しているでしょう。
ただ,子供さんが保育園に入園できなかった関係の損害については,通常予想可能な損害といえるかどうかや損害額を含め,争いになる可能性があります。いずれにせよ,売主の都合による引渡の遅延ですので,遅れに伴う影響を強く主張して補償を求めることになると思います。

2015年12月14日 11時45分

この投稿は、2015年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

家族に残す分譲マンションに相続税が生じるかを調べる方法について解説

あなたの分譲マンションを家族が相続するときに、「相続税が生じるかどうか」、「相続税の金額はどのくらいか」ということを事前に知っておきたいとい...

【相続税】分譲マンションを相続する際にどのように価値を評価すればよいのか

遺言書によりマンションを受け継ぐ場合でも、相続税の計算をするためにマンションの価値を評価する必要があります。マンションを貸している場合も同様...

分譲マンションを相続する際にどのように価値を評価すればよいのか

分譲マンションを相続するとき、遺産の分け方によっては、「マンションをどのように評価するか」が重要になります。1人の相続人がマンションを受け継ぎ...

この相談に近い法律相談

  • 建築の契約内容からの不完全履行について

    住宅の建築の請負契約を締結しました。 3月に本契約、10月に追加工事について図面と個別見積りを以って互いに合意し、11月に着工しました。 竣工は3月末、引き渡しは5月(契約書上は着工から5ヶ月で完成とあります) 工事自体は小さなトラブルはあったものの、確認による都度先方対応により概ね順調に進んでいました。 完成1月前に...

  • 新築マンション引渡し時期延長に対する違約金請求について

    長文失礼します。 このたび、購入したマンション会社から(大手です)、引渡し時期延長のお願いという書類が届きました。 当初今年10月末日に引き渡し予定だったのですが、来年の2月末頃までに延長したいという申し出でした。 理由としては、躯体工事を進めていく中、計画していた躯体サイクル工程で進める事ができず、また、今後...

  • 太陽光発電事業の契約を締結後、運営母体の頼りなさから契約解除に動くのは得策ではないか?

    2014年7月に太陽光発電(50kw)による発電事業に契約しました。 用地については売電スタートから20年間の賃貸借契約を地主と交わしました。 いづれの契約も一般社団法人であるこの発電事業の運営団体を窓口に担当者(保険代理店経営者)を通じて締結し、工事費1500万円は公庫より借入、全額を窓口の保険会へ入金、さらに運営団体を...

  • 工期遅延

    今現在の状況は賃貸マンションで暮らしています。震災前に一戸建てを購入をし、順調に進めば完成が4月23日ということでした。工事請負契約書を住宅メーカーと取り交わしてはいますが、今回の地震で工事は完全にストップし今のところ再開の見通しが全くたっておりません。先日も、住宅メーカーの担当のかたに確認を入れましたが、物流が...

  • 外構業者の工事未完了の不当請求について

    新築の外構をある業者に2012年5月依頼し、完了後修正箇所をお願いをしておりましたが、その後何も連絡がなく、工事未完了のまま約2年半が経過しました。先日急に書面にて残りの代金の請求書(一週間以内の振込み)がポストに投函されておりました。契約では工事契約時に合計金額の半分、完成時に残りの半分を支払うことになっております。...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。