マンション内における役員の任期期間の辞退について

私の住むマンションは、自治会と管理組合の役員が存在します。
自治会は立候補で選出するため、問題ないのですが、管理組合は順番で、しかも任期は2年になってると聞きました。もし、仕事柄続ける事が困難であったり、途中で辞退した場合、マンションの管理組合から規則に反すると訴えられるのでしょうか?
2012年09月28日 06時34分

みんなの回答

寺尾 幸治
寺尾 幸治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
>、管理組合は順番で

これは、事実上、運営上の慣行として、そのように役員を選任するだけで、管理規約上、「順番」となっているわけではないと思います。

>もし、仕事柄続ける事が困難であったり、途中で辞退した場合、マンションの管理組合から規則に反すると訴えられるのでしょうか

どのような会議体であれ、機関であれ、本人の意思に反してまで、構成員の地位を維持しなければならないということはないと思います。辞任は可能です。ただし、組合側に不利な時期に辞任すると、損害賠償請求されるという可能性はありますが(民法651条2項)、現実的には、そのような場合はないのではないでしょうか。

2012年09月28日 12時01分

相談者
回答ありがとうございました。ちなみに、組合側から不利な辞任とは、例えばで、どのような例があるのでしょうか?
このマンションは、規則がどうだのうるさい住民が存在するので、もしも…と思い追加させていただきました。

2012年09月28日 13時11分

この投稿は、2012年09月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

貸し出しているマンションを相続する場合の評価方法

亡くなった家族が所有していたマンションを他人に貸し出していた場合、そのマンションも遺産として相続します。相続税の支払いが発生するケースでは、...

【相続税】分譲マンションを相続する際にどのように価値を評価すればよいのか

遺言書によりマンションを受け継ぐ場合でも、相続税の計算をするためにマンションの価値を評価する必要があります。マンションを貸している場合も同様...

家族に残す分譲マンションに相続税が生じるかを調べる方法について解説

あなたの分譲マンションを家族が相続するときに、「相続税が生じるかどうか」、「相続税の金額はどのくらいか」ということを事前に知っておきたいとい...

分譲マンションを相続する際にどのように価値を評価すればよいのか

分譲マンションを相続するとき、遺産の分け方によっては、「マンションをどのように評価するか」が重要になります。1人の相続人がマンションを受け継ぎ...

この相談に近い法律相談

  • 自治会とマンション管理組合の統合の法的問題について

    マンション内自治会を廃止し、マンション管理組合と統合しようとする場合、 1 法律的問題はありませんか   マンション管理組合は区分所有法に基づく裏付けがあり構成員は専有部分所有者で構成   理事会役員も区分所有法により専有部分所有者で構成   管理組合は区分所有法により正当な強制力を持つ管理組合管理...

  • マンション管理組合員の監事の適格性

    マンション管理組合の監事に、区分所有者ですが、その人が修繕工事を担当する管理会社の社員である場合は、利益相反にならないでしょうか?

  • マンション管理費滞納者の役員就任について

    マンション管理組合の役員に、管理費滞納者の常連さんが次期理事会 の候補として上がっています。 どこかで滞納者は役員になれない、と聞いた記憶があるのですが、 当マンションの管理規約には役員の欠格事由への言及はありません。 この場合、役員として選任されても問題ないのでしょうか。 ご教示、よろしくお願い致します。

  • マンション管理会社の社員にマンション理事会の監事を委任する適格性

    マンション管理会社の社員にマンション理事会の監事を委任すると適格性に問題があると思いますが法的に退ける方法はあるでしょうか

  • 管理組合サポート業務のマンション管理士への委託の是非

    マンション管理組合サポート業務について現在管理会社の管理業務主任者に委任し、好き放題されています。施設管理の主契約はそのままで、理事会サポート業務だけ理事会選定のマンション管理士へ委託し直したいと考えています。予想できる支障はあるでしょうか。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。