和解交渉、及び和解書の作成について

公開日: 相談日:2020年05月06日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

和解契約書についてお聞きします。
私有地に産廃の不法投棄をされました(10トン近く)
運良くその業者を見つけて話しあった所、和解する事になりました。
きちんとした形にしたいので和解契約書を交わす事になりました。
内容はどのような文面にすれば良いのか?
❶損害賠償金
❷その土地を元に戻す約束
❸不法に私有地に侵入した事
❹不法投棄をした事
以上の事は相手も認めているのでキチンと文面に入れたいです。
他に足りない事、などありましたら教えて頂きたい

918090さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    大きいところとして、順序が逆だと思います。

    相手方が何をしたのかを認める条項が最初に入ると思います。
    その上でどのような対処をするのかを記載した方がいいでしょう。
    また、賠償金は具体的な金額を記載し、支払時期まで定めたほうが良いといえます。
    相手方が応じるなら、連帯保証人も付けるべきです。

    逆に、③をわざわざ記載する必要性がよく分かりません。
    不法投棄を認めれば、③はその前提ですから、記載する必要はないでしょう。

    きちんとした契約書を交わすために、弁護士に直接相談されることをお勧めします。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    相手方の業者が不法投棄の事実を認めたというのは大きいですね。
    和解契約を締結する相手方の業者(会社であるのか個人であるのか)をきちんと確認して会社であれば代表者の方に連帯保証で入っていただくのが良いと思います。
    契約の条項については、相手方の不法投棄の事実を特定して確認すること、相手方がなすべき原状回復の方法を定めること、相手方が支払うべき損害金を定めること、定めた期限等を相手方が守らなかったときの対応などが考えられますね。ご検討ください。

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました