私有地にある電柱が問題発生

公開日: 相談日:2011年05月22日
  • 1弁護士
  • 1回答

家を建てた時、私有地に電柱を設置する承諾書にサインしたのですが、その内容に移設の申し立てをしない事などが記入されていました。
ですが、団地以外に電線を引っ張らない等確認していたにも関わらず、団地以外の住宅地に電線を無理な状態で引き、私有地にある電柱が25度近く傾斜してしまいました。その為、新築2年程だった我が家の壁は電柱が傾いた事により、壁が損傷し、いつ電柱が倒れるかわからない状態です。電柱の事になると毎日が不安と、話し合い等をした時などは、胸の動悸とその後の倦怠感など身体に支障が出てきて、精神的にもまいっています。
承諾書の内容は読み返してみても一方的な内容ばかりで、電柱に何か問題が生じた場合にこちら側の立場になる内容は何も書いていません。このような危険な状態に電柱がなったとしても、異議申し立て、承諾書の撤回、そして電柱移設は難しいのでしょうか?

58128さんの相談

回答タイムライン

  • 比護 望 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    壁が損傷したのであれば、損害賠償請求もできますし、傾斜したままでは危険でもあり、団地以外に引いている点は相手の契約違反ですので、契約を解約して、移設を求める権利が認められる余地は、十分にあると思います。

  • 相談者 58128さん

    タッチして回答を見る

    回答して頂きありがとうございます。
    無知を言いことに「承諾したでしょ」と強くメーカー側から言われ、精神的苦痛を感じていました。
    まず強く承諾書の撤回と電柱移設を、メーカー側・電柱所有会社に訴えたいと思います。
    本当にありがとうございました。

この投稿は、2011年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから