私道に接する土地購入について

現在、土地購入を検討しています。
この土地は、いわゆる「旗竿地」ですが、「竿」部分(幅員4メートル、長さ10メートル、登記一筆の土地で地目は宅地、位置指定は受けていない)が、隣接する土地所有者(仮にAさんとします)との、「持ち分2分の1の共有地」となります。

そこで質問です。
1 Aさんが勝手に、持ち分を主張し、共有地に車を止めたり、物を置いたりできますか。
2 このようなことが無いように、購入の際、重要事項説明書へ記載してもらったりやAさんと覚え書き等を交わした方がいいでし
ょうか。 
2 もし私が土地を売却する場合、再建築が出来なかったり、土地の評価が落ちたりする可能性はありますか。
ももくっきーさん
2015年04月19日 08時41分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
1 Aさんが勝手に、持ち分を主張し、共有地に車を止めたり、物を置いたりできますか。

Aさんも共有持分権者として所有者の一人ですから,車を止めたり,物を置いたり出来ますが,他の共有者の利用を妨げる態様でするためには合意が必要になります。

2 このようなことが無いように、購入の際、重要事項説明書へ記載してもらったりやAさんと覚え書き等を交わした方がいいでしょうか。 

購入時の重要事項説明書への記載はAさんが売主で無い限りは意味がありません。
覚書については,交わされた方が良いのではないかと思います。

2 もし私が土地を売却する場合、再建築が出来なかったり、土地の評価が落ちたりする可能性はありますか。

2番が2つ目ですが・・・。
再建築ができるかどうかはその時点での関連行政法規の問題です。
一般的には可能と思いますが,地域や立てようとする建物によっては不可の場合があります。

土地の評価については,現在の購入時点で旗竿地であることが適正に反映されていれば,旗竿地だからといって更に落ちることはないかと思われます。

2015年04月19日 10時45分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
Aさんの土地もその宅地に隣接しているなど、Aさんにもその土地を利用しておかしくない理由があるなら、Aさんがその土地の一部を使っていても、路地状部分として幅2m程度質問者様のために確保されていれば、生活するには十分なので特に質問者様の権利を害していないと判断できる場合もあり得ます。したがって、Aさんとの間で、その土地の利用についての取り決めを文書で作成しておくことが望ましいでしょう。ただ、その場合でも、Aさんが自分の共有持分を第三者に譲渡すれば、Aさんとの取り決めが地役権などとして登記されているわけでなければ、新しい共有持分者には主張できない可能性があります。将来的に何らかのトラブルが発生する可能性があるので、できればそのような土地の購入はよくよく考えた方が良いでしょう。

2015年04月19日 22時32分

この投稿は、2015年04月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,238名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 不動産の不法占拠について

    私は土地を所有しており、これは空き地です(土地1)。 20年くらい前に南側に隣接する土地(土地2)の所有者で、土地2の上に建物を有するAさんに土地1を賃貸しました。Aさんは土地1を駐車場に使っていました。 5年前に土地2と建物の所有者はAさんからBさんに移りました。 Bさんは私に何の断りもなく土地1を駐車場のほか物置小屋を置くな...

  • 法務局の地図と実際の土地の面積が違うとどうなりますか?

    法務局の地図と実際の土地の面積が違っているとなにか不都合は起こりますか? 現在私所有の土地A(借地人A)と土地B(借地人B)をそれぞれ貸しています。土地Aと土地Bは地続きの隣接した土地です。 それぞれ借地人A所有、借地人B所有の住宅が建っています。(先代の口約束で借地に関する契約書はありません。) 土地Aが契約解除...

  • 隣接する土地(配管あり)の分割購入に関して

    隣接する土地が分割購入できるかどうかご教授いただきたいです。 地上には建築物等のない土地(所有者は隣人)ではありますが、地中には隣人の水道管や水道メーター等が一部設置されています。 この場合、隣人の承認を得られれば分割購入が可能なのでしょうか? 以下、詳細です。 ・所有者:隣人 ・面積:約5坪 ・地上建築物:...

  • 不動産の使用貸借と土地の文筆について

    現在、相続によって得た土地を所有しております。 この土地には別名義の、事業ができる建物が建っています。 土地は使用貸借状態のまま相続しています。(紙媒体の契約書などはない) 土地の三分の一に建物が建っており、残り三分の二には建物等はなく、ただの広場です。 建物の持ち主とは建物の撤去で揉めている状態です。 ...

  • 土地の地目変更・売却について

    実家が所有している土地を売却したいのですが、地目が田で登録されています。地目を変更して売却したいのですが、どのような手続きをすれば良いのでしょうか。 又、現在、同じ土地に3件家が建っていますが、土地に入る前面道路も建築基準法上の道路として認定されておらず今の土地には家が建てられないと聞きました。 土地の地目を田...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。