隣地との境界線がある日突然広過ぎると言われて困っております

住宅を購入してから15年経ちましたが、隣地が取り壊す事になり、いきなり測量士が現れ数センチわが家の現況が広くなっており狭くしてくれと言われております。購入した時の書類を見てみると確かに現況面積の方が登記されている面積より広くなっております。なので現況だと過去に遡っての固定資産税を払え等脅されています。
それでご相談ですが、
①サインをせず現況にて仮に認めて貰った場合、登記し直さないといけないと思いますがその際の諸経費はやはりうちが払わないといけないものなんでしょうか?元々は私に販売した不動産屋が悪いと思うのですが…
②隣地を購入した不動産屋と仮に裁判になった場合、どちらが有利なのでしょうか?

私は詐欺にあったような気持ちでいますが、私に販売した不動産屋は何故その時現況が登記より広い事を知っていて何故その時、現況にて登記をしなかったのか怒りしかありません。クレームを言いましたがまるで他人事のような返事しか返って来ず困りはてております。
何卒、ご回答の程、宜しくお願い申し上げます。
2019年08月08日 23時03分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
> ①サインをせず現況にて仮に認めて貰った場合、登記し直さないといけないと思いますがその際の諸経費はやはりうちが払わないといけないものなんでしょうか?元々は私に販売した不動産屋が悪いと思うのですが…
> ②隣地を購入した不動産屋と仮に裁判になった場合、どちらが有利なのでしょうか?

現況(実測)と登記が違うことはよくありますよ。
登記簿の地積で売買することが直ちに違法ということではないと思います。

2019年08月09日 04時00分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
補足ですが、15年も相手が主張している土地部分を相談者が利用していたとすれば、時効取得も考えられますね。

2019年08月09日 04時00分

この投稿は、2019年08月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣地との境界の測量について。

    今住んでいる所の隣地が建設会社に売却されその土地を買った建設会社が先日境界線の測量をしました。もともとその境界には背丈1m位の木が植えてあるだけでした。測量が終わり建設会社はブロック塀を作りました。測量が終了時点で認印を押しました。測量終了時にあなたの宅地面積は実測何平米ですというような図面もくれません。もし実...

  • 隣地が土地境界線50センチ未満の場合、慰謝料請求できるか

    現在3月末に完成予定の注文住宅間取りを検討しております。 土地が狭いので隣の方に土地境界線から50センチ以内に建ててもいいか聞いたところ拒否されてしまいました。 しかし、お隣さんの家は50センチを切っており境界線から20センチのところで家が建っております。 ※拒否されてしまったので完成予定の住宅は延べ床面積が縮小し、...

  • 隣地境界のトラブル(地籍測量図上の隣地境界と建築計画概要書の隣地境界の優先順位?)

     昭和45年の地積測量図があり,登記されている土地を所有しております。 他界した父が平成8年にその土地を更地にして木造の2階建てを新築いたしました。 現在その土地の隣地境界についてお隣の方と問題を抱えております。 登記所で調べましたところ、お隣の方の土地は登記はされておりますが地積測量図は存在しておりませんでし...

  • 土地台帳の境界と地積測量図の境界はどちらが正規の境界

    現在、隣と土地の境界問題でもめています。 問題は、昭和26年の土地台帳の境界と昭和50年の地積測量図の境界が相違していることにあります。 この場合、どちらの境界が正規の境界となるのでしょうか?

  • 土地の境界線の測量の負担金について

    となりの家から土地の境界線をはっきりしたいのでと測量の120万円の見積書を持ってこられ、これを3軒で分割して欲しいと言われました。 どうも後ろの家の人が畑を徐々に広げていて、それは自分の土地だと思うという事らしいのですが・・・・、うちは子供もいないし、土地の境界なんてどうでもいいと思っているのですが、どうしても...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。