土地の境界含め隣人トラブル

隣家との境界トラブルです。

私の祖父の時から揉めてましたが、私に代替わりしたのでハッキリとさせたいと思ってます。
現状ですが
1,隣の土地は畑にしてるので宅地では無いと思います。
2,特に証拠を見せられた訳でもなく、ここまでが自分の土地だと言っています。
3,その言ってる境目が年々私の土地の方に侵入してきてる感じになってる。
4,相手が言い張ってる土地側に雨等で土が流れた物等を私の土地の方に、勝手に投げてきてる。
5,もちろん、こちらも間違ってると言い張ってますが言うことを聞かない。
という状況です。

まず、私側の確証の為に法務局から地積測量図を取りました。
そこには、境界点としてのプラ杭の表示がありました。
しかし、実際にはプラ杭は1点しか現場には残ってません。
地積測量図があるので復元は可能だと思います。
地籍測量図が平成6年の物で1/500の縮図です。はたして、どこまで正確に復元出来るかもポイントになりそうです。


境界特定制度を使うのも手かと思いますが、双方同意しなければ駄目だと思いますので相手側の同意は取れない気がします。(何十年も言うことを聞かないので)

最悪、裁判となった場合にこちらが負ける可能性はありますか?
民法162条の所得権もありますが、こちらは嫌がらせを受けたり反論をしてますので
平穏かつ公然な占有には当たらないと思うので、所得権の時効は適応出来ないと思ってますがどうでしょうか?


他にも色々な事があり、父も母も嫁も相手の顔も見たくないと近くに居たら外から家に戻ってきたり出ていかない状況です。
最悪、これは精神的苦痛で訴える事も可能でしょうか?
2019年04月10日 09時19分

みんなの回答

後藤 栄一
後藤 栄一 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
筆界特定は双方同意は必要ありません。
行政が筆界を特定し、訴訟で争われない限りその境界で特定されます。
訴訟になったとしても、過去の地籍測量を覆すことは困難です。但し、取得時効の制度がありますので、原状変更をそのまま放置しておくと、原況が境界と乖離した状態で10年ないし20年の年月を経て取得時効が認められることにより所有権の範囲に変動を来す可能性は否定できません。平穏性などの取得時効の要件に関しても、相手の主張を反駁することの出来る証拠が必要です。

2019年04月22日 17時59分

相談者
回答いただき感謝致します。

回答の文面を見た限り、所得権の方で負けそうな感じに読み取れました。
地積測量図が平成6年ですので、すでに20年以上の年月が過ぎてます。

また、所得権はこちらにも適応できると考えた場合に、うちのは家を建築した当時(40年ほど前)から
石垣が有りますので、それも判断基準になりますでしょうか?

境界特定制度が同意が要らないと言うのが検討違いしてたようですね。
土地家屋調査士との無料相談会で、同意が無いと確定出来ないと言われてました。

2019年04月23日 11時20分

後藤 栄一
後藤 栄一 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
石垣は土地境界を示す重要な指標となりますが、それだけで判断される訳ではありません。

2019年04月23日 13時06分

この投稿は、2019年04月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地台帳の境界と地積測量図の境界はどちらが正規の境界

    現在、隣と土地の境界問題でもめています。 問題は、昭和26年の土地台帳の境界と昭和50年の地積測量図の境界が相違していることにあります。 この場合、どちらの境界が正規の境界となるのでしょうか?

  • 境界線

    建物を建てるときに境界線から50センチ離さなければならないと規定があると思うのですが、塀やアスファルトなどもこの規定に当てはまりますか?

  • 境界線について

    借地だった一帯を、地主から土地を購入を求められ 個々で地主と売買契約を結びました。 20年以上たって 隣が、借地の区画と売買した区画が違うから境界線を変更しろ。 と言ってきて困ってます。 それぞれ今の区画で売買契約を結び、登記をしているのに どうしたら良いのでしょか?

  • 境界に…

    近々家の購入を考えていますが候補地が隣地境界がオープン外構と言うことでブロックを一段ずつ並べてありその真ん中が境界線なのですが将来その境界線上にフェンスや塀を設置したいと、もしお隣さん等に言われた場合は工事代は折半ですか?自分は必要ないと工事代は出さずお隣さんのフェンス所有物を認めた場合による将来に対するこちら...

  • 境界線について

    5年前になりますが、新築で一軒家を立てた際に隣地と境界線でこちら側で1センチずらして、塀をたてました。その折り隣が こちらが依頼した業者に無断で断りもなく、相手側のすでに たててある塀との隙間をセメントでくっつけて隙間を無くしさらに犬走らもセメントで延長させこちら側の塀までくっつけて綺麗に作業させてました。当時は納...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。