塀が倒れた原因について

昨年の9月の台風で、家の塀が倒れました。
この塀が倒れた原因は、隣のアパートの解体・新築工事が原因だと思えてなりません。

昨年の2月に、隣のアパートの解体工事が始まりました。
隣との境界線沿いにあった、相手側のフェンスが取り外されました。フェンスの下に3段積んであったブロックを2段外したそうです。(内、1段は地中)その際に、家の地盤も削られました。
工事の連絡は何もありませんでした。

これにより、境界線沿いに設置してあった我が家の目隠しの木でできた高さ2M、長さ15M程の塀がぐらつくようになりました。
ハウスメーカーに文句を言ったら、アパートの建築が終わったら最後に外構の工事に入る。
それまで待ってくれと言われました。家の塀は、隣の家との境界線ギリギリに設置してありました。また、木製で根元は土にそのまま埋め込んでありました。その為、隣のアパート側の木の支柱の地面に入っていた部分ががむき出しになった状態が4ヶ月続きました。

20センチ掘り下げて新しいアパートが建てられました。
隣の外構の工事は6月に行われましたが、地盤がゆるんだせいか、塀は斜めに傾いていました。少し風が吹いただけでも片側の塀がぐらぐらと揺れていて、いつ倒れるか不安でたまりませんでした。
ぐらぐらしているどうにかして欲しいと言ったら、9月上旬に高さ1M位のアルミの支柱を3本立ててくれたのですが、支柱を建てただけで、地盤は緩んだ状態でした。また、3本の支柱だけでは、足りなかったのではないかと思っています。
支柱を建てた際に、草花が勝手に抜かれました。また、一部の草花がコンクリートに埋められコンクリートから顔をだしている状態になっていました。担当者に文句を言ったら、そんな事はしていないと強い口調で言われましたが、業者が勝手に抜いた事がわかり謝ってきました。

このような経緯で台風24号が来た際に塀が倒れました。
1.塀の撤去費用(40,000円)と目隠しの塀の工事費用の一部をハウスメーカーに請求したら、負担して頂けるでしょうか?
担当者には風害なので、ハウスメーカー側は一切関係ないと言われました。
隣は、消防法にひっかかるそうで、フェンス等は何も設置できないそうです。
塀がいつ倒れるか、毎日不安でたまりませんでした。誠意ある対応を望むことができるでしょうか?
2019年03月30日 12時47分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
相手が拒絶したら、あきらめるか裁判沙汰にするかしかありません。
裁判沙汰になった場合には、
台風のせいではなく、相手方の工事のせいで塀が倒れたことを立証できなければ敗訴する場合もあります。
なので、建築や工事の専門家に調査などを依頼して、確実に相手方のせいで塀が倒れたと言えるのかを確認する必要があります。

2019年03月30日 13時17分

この投稿は、2019年03月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土がむき出しのままの、 隣家との境界線の塀の設置費用。

    土がむき出しのままの、 隣家との境界線の塀の設置費用についての質問です。 隣家の土地は、1.5メートルほど高くなっています。その壁は土がむき出しのままで塀もありません。雨の日には土砂が流れてきて崩れて怖いです。 そこで塀を設置したいのですが、隣家は「あなた負担で勝手にやってくれ」と言われました。 隣との境界...

  • 老朽化したブロック塀の一部作り替えについて(境界線上に沿って建つブロック塀)

    お世話になります。老朽化した60年もののブロック塀の上部を撤去し、(下3段は残す)アルミフェンスにしようと思います。全面撤去ですと、あらたな測量等色々と大掛かりになりそうなので、部分的に(下部と1部上部)残す事にします。このブロック塀は祖父の代に一戸建て(当方)と共同住宅との間に建てられたものです。当該ブロック...

  • 隣人との土地の境界線上にはみ出した塀について

    現在新築建設中です。 塀の基礎工事の際に、隣人宅の塀の支柱上部が斜めに10cm以上当方の土地に倒れ掛かっていることがわかりました。 土地一杯に塀を建設したいため、工事責任者に確認したところ、 「倒れ掛かっている支柱の修理費用は、隣人ではなくこちらが負担し修理するのが普通です。」と言われました。また、支柱を真っ直...

  • 隣人との土地境界でのブロック塀の撤去などについて

    インターネットで調べてもあまり例がなさそうでしたので、こちらに投稿します。 隣人が工場を経営しており、結構背の高いブロック塀を立てていました。当時では互いの境界の真ん中か、完全に相手側だと思っていた場所です。 測量の結果、ブロック塀は完全に私の土地の中に入っていることが判明しました。 私達としては、ブロ...

  • 承諾なしに境界線内側の塀を壊され土地を削られた

    お隣の土地再利用で新しく住居と貸家を建てる基礎工事中なのですが、承諾なしにいつの間にか境界線より約30㎝内側あった3m程のブロックの塀は取り壊され、土手も多少削られて、今は境界線まで埋めたてて、べニア等で壁を当てている状態です。 ところがその埋めた土がひび割れを起こしべニア板ごとお隣側へ⒖㎝程膨らんで倒れかけてい...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。