民法236条の慣習の決まりについて

民法236条の規定は民法234条、235条も含まれるものですか。30年前からある分譲住宅に住んでるのですが、隣に新し家を建てているのですが、建築基準通りに建てると言っていますが、自分の住んでる地域は、隣地境界線から1メイトル以上離れています。異なる慣習があるときは、そも慣習に従いなさいに該当するのか、地域は、隣地境界線から1メイトル以上離れて建てなければいけないのか教えてください。
2019年03月13日 14時49分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 民法236条の規定は民法234条、235条も含まれるものですか
どういう意味か分かりにくいです。
それぞれの規定は比較的常識的なことを定めているものですが。
> 建築基準通りに建てる
準防火地域とかなのでしょうか。
建築基準法と民法が矛盾する場合には、原則、建築基準法が優先されます。

2019年03月18日 11時47分

この投稿は、2019年03月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 境界線

    建物を建てるときに境界線から50センチ離さなければならないと規定があると思うのですが、塀やアスファルトなどもこの規定に当てはまりますか?

  • 建築における隣地境界に関する民法の解釈について

    民法で「隣地境界から50cm」を適用されない事例として、  ①民々承諾がとれている場合 ②「地域の慣習」がある場合 ③準防火地域で耐火構造建築の場合 の3つがあります。 この場合にどれか1つでも満たして入れば、民法上問題ないとの見解を伺いました。 例えば②を満たしていても隣家からクレームがついた場合(①を満たさない...

  • 境界線について

    5年前になりますが、新築で一軒家を立てた際に隣地と境界線でこちら側で1センチずらして、塀をたてました。その折り隣が こちらが依頼した業者に無断で断りもなく、相手側のすでに たててある塀との隙間をセメントでくっつけて隙間を無くしさらに犬走らもセメントで延長させこちら側の塀までくっつけて綺麗に作業させてました。当時は納...

  • 民法234の隣地境界距離について

    これから建築予定(準防火地域)ですが、隣地も建設中で、現在基礎と柱がもう立っている状態です。隣地境界距離が30cmしか取られておらず、建売業者に問合せると、慣例で問題ないし反対側の隣地の方も30cmで了解は得ているとのこと。こちらには事前の連絡は全くありません。質問です。①民法上の慣例とはどのような解釈なのですか?②本当...

  • 境界に…

    近々家の購入を考えていますが候補地が隣地境界がオープン外構と言うことでブロックを一段ずつ並べてありその真ん中が境界線なのですが将来その境界線上にフェンスや塀を設置したいと、もしお隣さん等に言われた場合は工事代は折半ですか?自分は必要ないと工事代は出さずお隣さんのフェンス所有物を認めた場合による将来に対するこちら...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。