隣地からの民法235条の目隠し設置要求に対する承諾書の添削依頼

公開日: 相談日:2019年02月15日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

新築で家を建てましたが、隣の家の方より境界線より1メートル以内に新築の家の窓が設置されているため、民法235条に基づく、目隠しの設置を要求されました。このたびこちら側で承諾書を作成しました。

この承諾書の内容にて、今後隣の方より、何か追加の要求が出来る余地がないか、ご相談したくご連絡しました。添削をよろしくお願いいたします。

承諾書

このたび、私が下記に建物を建築致しましたが、北西側建物配置寸法が境界線より60cmとなりました。つきましては民法235条の規定に対しまして、様所有地に隣接する建物の北西側2階窓2か所に平成31年 月 日までに別紙図面の通りの目隠し用ルーバーを設置することで対応させていただきますので、ご承諾の程、宜しくお願い申し上げます。

建築主
住   所
氏   名                  印
建 築 地  

平成  年  月  日


上記の件について承諾し、異議等は申しません。
  承 諾 者(隣接地所有者)
   住   所
   氏   名                   印

763454さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2019年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「土地の境界線」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから